あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-12-15

ニュース

『曇天に笑う』最新予告が解禁!サカナクションによる主題歌「陽炎」も音源初公開!




©2018「曇天に笑う」製作委員会



女性層を中心に熱狂的なファンを持つ大ヒットコミックシリーズ「曇天に笑う」。2011年のコミック連載開始直後から人気を博し、2014年にアニメ化、そして2015年からは舞台化と、様々なメディアで人気を博す大ヒットシリーズが満を持して映画化となる。主演は、本作で時代劇映画に初主演の福士蒼汰。そしてメガホンを取るのは、『踊る大捜査線』シリーズ、『亜人』の本広克行監督。

このニュースのポイント

・『曇天に笑う』の最新予告が解禁!


・サカナクションによる主題歌「陽炎」の音源も一部公開!


『曇天に笑う』の記事をもっと読む



本作の主題歌を手掛けるのは、大人気ロックバンドのサカナクション。渾身の一曲「陽炎」がついに完成! 試行錯誤をギリギリまで繰り返し、1年半の製作期間を経て同バンドの最高傑作と言っても過言ではない楽曲に仕上がった。

解禁された最新予告では、主題歌「陽炎」の音源も初解禁となっている! 歴史と現在を感じさせる同曲は、明治の混沌とした時代背景、超絶なアクションシーンに見事にハマり、映画全体をより高いものへと昇華してる。

山口一郎(サカナクション) コメント


尊敬する本広監督から主題歌のお話をいただき、この作品にミュージシャンとして関われてとても幸せでした。僕らなりに映画のラストにふさわしいサウンドを制作できたと思います。映画館で是非、この作品を体感していただければと思います。

本広克行監督 コメント


映画【曇天に笑う】を演出するにあたって、サカナクションのサウンドは僕の中では絶対に必要になっていて、締め切りが遅れてしまっても、何日も、何か月も、待ち焦がれてライヴを聞きに行く度に曲が進化していて、ドキドキしていて、一郎さんが何日も熟考して紡ぎ出された歌詞も入ったこの曲は相当ヤバイです。素晴らしいエンディングになり感謝しまくってます。ありがとうございました。

主演・福士蒼汰 コメント


完成した楽曲を聴かせていただき、不思議なくらい作品とマッチしていると感じました。これもサカナクションさんの命かけたる時間と想いの賜物。どこか懐かしさを感じさせながら、時代の先を行くようなこの「陽炎」という曲。明治の世にピッタリだと思いました。皆さんも、是非感じてください。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録