あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-02-07

ニュース

中村倫也の新境地!『孤狼の血』の「狂犬」永川の場面写真が解禁

2018年5月12日(土)公開の映画『孤狼の血』(配給:東映)から、中村倫也演じる尾谷組構成員、永川恭二の新場面写真4点が解禁となった。




このニュースのポイント

・映画『孤狼の血』から中村倫也演じる永川の新場面写真が解禁された


・解禁となったのはアウトロー感漂う4点


『孤狼の血』についての記事を読む






新キャスト解禁時にも今までとは違う雰囲気が大きな話題となった中村倫也ですが、今回初解禁となった場面写真では今まで演じてきた役柄からは想像もつかないほど“危険な色気”を醸し出している。

中村倫也が本作で演じる永川は、役所広司演じる大上章吾に、にらみを利かせるほど血気盛んな若者。白石和彌監督曰く、まさしく「狂犬」であるという永川だが、中村自身は「アウトローなりの正義」感を持つと語るキャラクター。




今回解禁になった場面写真では、ギラついた目で拳銃を携えた姿が! さらに電話ボックスの中でタバコを吸う場面写真はまさにアウトローな雰囲気が漂う。




今までも様々なキャラクターを演じ、時にはその“怪演”も話題になる中村倫也ですが、自身も「こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でした」と語るほど、本人にとって新境地となっている本役柄。「男の世界」に身を浸し、新たな魅力たっぷりのその姿に注目だ。

『孤狼の血』のあらすじ




物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

『孤狼の血』についての記事を読む

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録