あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-07-05

ニュース

『虹色デイズ』フジファブリックの名曲が彩る冒頭映像が解禁!



(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社



2018年7月6日(金)公開の映画『虹色デイズ』より、フジファブリックの名曲「虹」に合わせて男子高校生の日常を鮮やかに切り取った本編オープニング映像が解禁された。



本作は、たった一度だけの青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の“友情”と“恋”に胸がときめく感動青春ストーリー。解禁された本編冒頭映像は、なっちゃん(佐野玲於)、まっつん(中川大志)、つよぽん(高杉真宙)、恵ちゃん(横浜流星)の男子高校生4人がプールに浮かび、“17の特権”についてつぶやく青春感溢れる場面からスタート。そして、思いを寄せる杏奈(吉川愛)と一緒に登校するために、毎日偶然を装って駅で杏奈を待ち伏せするなっちゃんが、好きな人に会えるワクワクとドキドキを胸に一本道を自転車で駆け抜けていく姿が描かれる。しかしその後、勢い余ったなっちゃんが転倒して水たまりに突っ込むアクシデントが勃発。必死の思いで駅にたどり着き、ちょうどホームに降りた杏奈と視線を合わせるなっちゃん。果たして二人の恋の行方はどうなるのか。観ているこちらも思わず走りたくなるようなフジファブリックの爽快感あふれる楽曲「虹」と共に紡がれる、これから始まる4人の友情と恋の物語に期待が高まる映像となっている。



(C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社



エンディング・テーマを降谷建志がソロで書き下したほか、挿入歌にフジファブリック、阿部真央、Leola、SUPER BEAVERといった話題のアーティストの楽曲を使用する本作。男子高校生4人の青春を鮮やかに彩る豪華楽曲にも注目が集まる。

映画『虹色デイズ』は2018年7月6日(金)公開。

ストーリー概要


ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録