あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2019-06-16

ニュース

「父の日」だからこそ観ておきたい!父との関係を見つめ直させてくれる新作映画3選



6月14日(金)より公開されている、ブリー・ラーソン主演の映画『ガラスの城の約束』。ブリー・ラーソンは、ホームレスをしている両親への複雑な感情を心の内に秘めながらも、高級ブランドのスーツと隙のないメイクで武装し、幸せを掴み取ろうと邁進する主人公を好演している。

本作は、主人公が過去とともに忘れようとした父の、正しくはないけれど強烈で深い愛が観る者の心を震わし、一歩前へ進む勇気をくれる感動のヒューマンドラマ。本日「父の日」にちなみ、本作ほか、父との関係を見つめ直させてくれる新作映画を紹介する。


『ガラスの城の約束』(公開中) 




<ストーリー>


「ニューヨーク・マガジン」で活躍する人気コラムニストのジャネットの父親は、いつか家族のために「ガラスの城」を建てるという夢を持つエンジニア、母親はアーティスト。彼らは定職につかず理想や夢ばかりを追い求め、自由気ままに暮らしていた。物理学や天文学などを教えてくれる父・レックスは、幼い頃のジャネットたち兄弟にとってカリスマ的な存在で、聡明なジャネットのことを父は「チビヤギ」と呼び、愛情を注いでいた。しかし、仕事が上手くいかないレックスは次第に酒の量が増え、家で暴れるようになっていく。やがて、高校生になったジャネットは大学進学をきっかけに、ニューヨークへと旅立ち、両親との関係を断とうとするが......。



公開情報
監督:デスティン・ダニエル・クレットン(『ショート・ターム』) 
脚本:デスティン・ダニエル・クレットン、アンドリュー・ラナム 
原作:ジャネット・ウォールズ 「ガラスの城の約束」(ハヤカワ文庫) 
出演:ブリー・ラーソン(『ルーム』、『キャプテン・マーベル』)、ウディ・ハレルソン、ナオミ・ワッツ
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ 配給:ファントム・フィルム 
©2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
原題:The Glass Castle│2017年│アメリカ映画│英語│127分│スコープサイズ│5.1ch
新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開中

  

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』(公開中)




<ストーリー>
ブルックリンの海辺の街レッドフックでレコード店を営む元ミュージシャンのフランクは、17年間続けてきた店を閉めることに。フランクが男手ひとつで育ててきた娘サムは、ロサンゼルスにある医大への進学が決まっていた。ある夜、フランクは勉強中のサムの邪魔をして一緒に曲をレコーディングする。その曲をSpotifyにアップロードすると瞬く間に拡散され、多くの反響を得る。予想外の出来事に舞い上がるフランクだったが、サムには恋愛や進学など向き合うべき人生の課題が山積みで……。

公開情報
監督:ブレット・ヘイリー
出演:カーシー・クレモンズ 『さよなら、僕のマンハッタン』 ニック・オファーマン 『シン・シティ』、『SING/シング』 
提供:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント 配給:カルチャヴィル
© 2018 Hearts Beat Loud LLC  原題:Hearts Beat Loud│2018年│アメリカ映画│英語│97分

『長いお別れ』(公開中)




<ストーリー>


父・昇平の70歳の誕生日で久しぶりに集まった娘たちは、厳格な父が認知症になったという事実を告げられる。日に日に記憶を失い、父でも夫でもなくなっていく昇平の様子に戸惑いながらも、そんな昇平と向き合うことで、おのおのが自分自身を見つめなおしていく。そんな中、家族の誰もが忘れていた思い出が、昇平の中で息づいていることがわかり……。




公開情報
監督:中野量太
脚本:中野量太、大野敏哉
原作:中島京子
出演:蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努
配給:アスミック・エース
© 2019『長いお別れ』製作委員会  2019年│日本映画│127分

他の記事も読む

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録