あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

Amazon Prime Videoチャンネルの「プラス松竹」とは?





2019年7月上旬よりAmazon Prime Videoチャンネルに、「プラス松竹」というものが新たにに登場しました。今回は、「プラス松竹」とはどんなものなのかを紐解いていければと思います。

「プラス松竹」とは


「プラス松竹」とは、月額料金324円(税込)で以下の作品等、松竹のライブラリー作品から280作品以上が見放題となるサービスです。

主なラインナップ作品


・ 小津安二郎監督作「東京物語」

・ 藤田まこと主演作「必殺仕事人」シリーズ

・ 西田敏行・三國連太郎出演作「釣りバカ日誌」シリーズ

・ 山田洋次監督作「男はつらいよ」シリーズ

・ 山田洋次監督作「幸福の黄色いハンカチ」※第1回日本アカデミー賞各賞総なめ

・ 木下恵介監督作「二十四の瞳」
※ゴールデングローブ賞外国語映画賞作品


・ 大島渚監督作「御法度」
※カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品


・ 野村芳太郎監督作「影の車」松本清張原作サスペンス

・ 「犬と私の10の約束」などの動物映画




松竹の人気作品である『釣りバカ日誌』、『必殺仕事人』シリーズの他、今年50周年記念を迎え、12月には新作も公開される『男はつらいよ』シリーズも見放題に。更には、世界の巨匠小津安二郎監督作品をはじめとする、映画史を彩る逸品まで豪華なラインナップも揃っています。

これら作品をとことん楽しみたいという方は、月額料金も安価ですので是非登録してみましょう。

「プラス松竹」の注意点


Amazon prime videoチャンネル「プラス松竹」に登録するのは条件があります。

その名の通りではありますが、Amazon prime videoチャンネルの「プラス松竹」は、Amazonプライム会員のみしか登録することはできません。

つまり、月額500円(または年額4,900円)のAmazonプライム会員になる必要があります。その上で「プラス松竹」の料金の月額料金324円(税込)を支払う必要があります。

新たに登録する場合、2つの支払いが発生しますが、そもそもAmazonプライム会員の料金自体が他の動画配信サービスよりも安価であり、Amazonプライム会員は、その他お得な特典が数多くあるので会員になる価値は多分にあります。

□Amazonプライム会員の特典はこちら

既にAmazonプライム会員である方は、「プラス松竹」分のみを月額お支払いすることで見放題となるので、こちらのコストパフォーマンスの良さは言うまでもないでしょう。

「プラス松竹」の登録の流れ


「プラス松竹」の登録の流れ登録の流れは、以下のようになります。

(1)まずは「プラス松竹」トップページへ。「Amazon prime video」で「プラス松竹」と検索、もしくはこちらからアクセス。日本映画のカテゴリーにも表示をされています。

(2)2019年8月16日現在、寅さん画像が表示されていますのでそれをクリックします。



(3)そうすると以下のページへ遷移しますので、登録画面へ進んでください。



あとは手順に従って決済を行うだけです。

なお登録後は、ホーム画面の「登録済みチャンネル」に追加されていますので、手軽にアクセスすることが可能となります。

まずは無料で試そう!


上記の画像の通り、無料お試し期間が設けられています。

Amazonプライム会員自体も無料期間が設けられていますので、合わせて「まずは無料で試す、楽しむ」ことをオススメします。

ただし、有料版に進みたくない場合は、解約をそれぞれ忘れないようにしましょう。

暑い日も続いておりますので、まずは涼しい部屋で、お好きな映画をお好きなだけ堪能してみてください。
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録