あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2020-12-05

画像解禁

「恐怖の村」シリーズ第2弾映画『樹海村』本ポスター解禁

2021年2月5日(金)公開映画『樹海村』(配給:東映)の本ポスターが解禁された。

(C)2021 「樹海村」製作委員会

コロナ禍にもかかわらず、異例の興収14億円超え、動員数は110万人を突破という大ヒットを果たした、清水崇監督作品『犬鳴村』(2020年2月公開)。それに続く「恐怖の村」第2弾として、『樹海村(じゅかいむら)』が公開される。

舞台は“絶対に行ってはいけない”“入ったら生きては出られない”と噂される富士の樹海。富士の樹海は、今から約1100年以上前に富士山大噴火で流出した青木ヶ原溶岩流を覆っている広大な森。およそ3000ヘクタール(東京ドーム約642個分)にもおよぶ樹海では、「コンパスが効かない迷いの森」、「入ると何者かに襲われる」、「様々な怨念を持ったヤバい村がある」と聞くだけでゾッとするような様々な都市伝説が飛び交っている。映画公式Twitterでも次なる村を募集し、上位にランクインするほど、“ヤバい場所”として認知度の高い『樹海村』が本作に舞台と
なっている。

本ポスターには、日本を代表する富士山と、その麓に広がる広大な富士の樹海、それを見下ろすように崖の上には二人の少女と、ひっそりと後ろに置かれた謎の“箱”が描かれている。さらに、木々の隙間からは朝日のような光が漏れ、そのどこか幻想的な雰囲気が恐怖を煽るようなビジュアルに仕上がっている。

また、前作『犬鳴村』の本ポスタービジュアルでは、「顔がある!」「某有名ハリウッド俳優に似ている!」とSNSで話題に。今回もニューフェイスが隠されているという。

さらに本作は、MX4Dと4DXの上映も決定している。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録