あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『るろうに剣心』完結!佐藤健・俳優デビュー15周年、挑み続ける男のこれから


映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』より
©和月伸宏/集英社 ©2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

『るろうに剣心 最終章 The Final』が新型コロナウィルスの感染拡大の影響による公開延期を経てついに公開されました。

直後に東京と京阪神地区に緊急事態宣言が発令され、映画館が休館に追いやられる中でも『The Final』は大健闘を見せ2021年の実写映画としては最大のヒット作となっています。そして、その流れを受けシリーズ完結編『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が公開されます。

主演はもちろん佐藤健、今年で俳優デビューから15年、『るろうに剣心』に主演してからも10年が経ちました。

仮面ライダーから大河ドラマ、そして『るろうに剣心』へ



佐藤健は俳優デビュー2年目で「仮面ライダー電王」に電王/野上良太郎役で主演します。

菅田将暉、福士蒼汰、吉沢亮などなど若手俳優の登竜門的な存在の「仮面ライダー」シリーズですが、中でも「仮面ライダー電王」は従来のライダーファン、特撮ファンに加えて、鉄道ファン、声優ファンをも取り込み平成仮面ライダーシリーズ最大級のヒットシリーズとなりました。

佐藤健は3本の“電王”映画に主演し、卒業しますが、その後も電王のキャラクターは重宝されスピンオフ、新シリーズへの追加ゲストなどで平成シリーズに出続けます。

佐藤健はシリーズ卒業から10年後の2018年に制作された『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』に同じ役でサプライズ出演しファンを熱狂させました。

『電王』の翌年の2008年にはドラマ「ROOKIES」に出演、翌年には映画『ROOKIES-卒業-』にも引き続き出演します。

そして2010年にNHK大河ドラマ「龍馬伝」に岡田以蔵役で出演、ここで大友啓史監督と出逢います。この出逢いは2012年に『るろうに剣心』に結実します。

興行収入で30億円を超える大ヒット作となった『るろうに剣心』はその後10年間続く日本映画史に残る大ヒットシリーズとなっていきます。

ビジュアル的なことも含めて見事に緋村剣心にハマった佐藤健の緋村剣心は映画ファン、原作者の和月伸宏も絶賛、緋村剣心役は佐藤健にとっても自他ともに認める代表作・代名詞的な作品となりました。また本作で佐藤健はジャパンアクションアワードの栄えある第一回男優部門最優秀賞に受賞しています。

かつて「10年後に『るろうに剣心』が代表作になっていればうれしいと」と佐藤健は語っていましたが、一作目から10年、この言葉は現実のものとなりました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 代表作を得て

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録