あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『キャラクター』レビュー:菅田将暉 VS Fukaseが魅せる映画ならではの凄絶&豪華な「邪」!


『キャラクター』作品情報

ストーリー
売れっ子漫画家を夢見る山城圭吾(菅田将暉)は、高い画力を持ちながらも、お人好しな性格が災いし、悪役のキャラクターをリアルに描くことができず、万年アシスタント生活を送っていた。そんなある日、師匠の依頼で“誰が見ても幸せそうな家”のスケッチに出かけた山城は、住宅街で見つけた不思議な魅力を持つ一軒家に、ふとしたことから足を踏み入れてしまう。そこで彼が目にしたのは、無残な姿に変わり果てた4人の家族だった。さらに、その前に佇む一人の男(Fukase)……。

事件の第一発見者となった山城は、警察の取り調べに対して、“犯人の顔は見ていない”と嘘をつく。それどころか、自分だけが知る犯人を元にした殺人鬼“ダガー”を主人公にしたサスペンス漫画『34(さんじゅうし)』を描き始める。自分に欠けていた本物の“悪”を描いた漫画は異例の大ヒット。念願の売れっ子漫画家となった山城は、恋人の夏美(高畑充希)とも結婚。誰もが羨むような順風満帆の幸せな生活を手に入れる。

ところが、まるで『34』の物語をなぞるように、4人家族が狙われる事件が続発。刑事の清田俊介(小栗旬)は、あまりにも漫画の内容と事件が酷似していることに不審を抱き、山城に目をつける。共に事件を追う真壁孝太(中村獅童)は、暴走しがちな清田を心配しつつも、温かく見守っていた。そんな中、山城の前に、再びあの男が姿を現す。“両角(もろずみ)って言います。先生が描いたものも、リアルに再現しておきましたから”。交わってしまった二人。山城を待ち受ける“結末”とは……?

予告編


基本情報
出演:菅田将暉/Fukase(SEKAI NO OWARI)/高畑充希/中村獅童/小栗旬

監督:永井聡

公開日:2021年6月11日(金)

製作国:日本

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021 映画「キャラクター」製作委員会