あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-08-11

予告編

藤原竜也 × 松山ケンイチW主演『ノイズ』特報映像|渡辺大知がサイコキラー役で出演決定


『ノイズ』画像ギャラリーはこちら
 
藤原竜也・松山ケンイチW主演の新感覚サスペンス映画『ノイズ』の初日が2022年1月28日(金)に決定し、特報映像とティザービジュアルが解禁された。

猪狩島・復興の期待を一身に背負いながらも、島を訪れた元受刑者のサイコキラーを殺してしまった泉圭太役を藤原竜也。そして、圭太の殺人を隠蔽すべく死体隠しに協力する幼馴染の田辺純役には松山ケンイチ。幼い頃からの夢だった、故郷の猪狩島にある駐在所での勤務が決まったばかりの新米警察官の守屋真一郎を神木隆之介がそれぞれ演じる。

今回解禁された特報映像は、不気味な猪狩島の全貌から始まるが、なんと冒頭でいきなり圭太が人を殺してしまうシーンが!衝撃的な展開で幕をあけるが、「島も、俺も、終わりだよ」と苦悩する圭太に、真一郎が言った。「全部、なかったことにしましょう」3人は困惑しながらも死体を隠すことを決意。対照的に、島の復活に喜びの声を上げる島民の姿が交互に映し出されており、島の未来を背負う圭太たちに重くのしかかるプレッシャーも…。さらにはこの殺人をきっかけにのどかだった猪狩島が一変。迫りくる県警、不穏な動きを見せる保守的な島民たち……果たして、3人の運命は!?



そして映像解禁と併せて、島に突如訪れたノイズーサイコキラー:小御坂睦雄役の渡辺大知の出演が解禁。小御坂は、かつてのストーカー殺人を犯した元受刑者のサイコキラー。ある日突然猪狩島に訪れ、不穏な空気を漂わせながら圭太・純・真一郎の周りに静かに現れて圭太の娘に音もなく忍び寄っていく難しい役どころ。渡辺は自身の役柄を「(藤原や松山ら)登場人物たちの平穏な生活を揺さぶる、まさに「ノイズ」のような存在」」と説明。同時に「そんな「ノイズ」の僕を、現場のスタッフ・キャストの方々はとても温かく迎え入れてくれました。素敵な縁をいただき、感謝しています」と語った。

コメント

渡辺大知

この映画は日常に起こり得る、人間同士の関係性が作る恐怖に焦点を当てた映画だと思います。  そして僕の役柄は登場人物たちの平穏な生活を揺さぶる、まさに「ノイズ」のような存在でした。でも、そんな「ノイズ」の僕を、現場のスタッフ・キャストの方々はとても温かく迎え入れてくれました。素敵な縁をいただき、感謝しています。


作品情報

主演:藤原竜也 松山ケンイチ
出演:神木隆之介、渡辺大知
原作:筒井哲也「ノイズ【noise】」(集英社 ヤングジャンプ コミックス GJ刊)
監督: 廣木隆一
脚本: 片岡翔  音楽: 大友良英  企画・プロデューサー:北島直明
製作・企画: 日本テレビ放送網  制作:クレデウス   配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:noisemoviejp 
公式Twitter:@noise_movie #映画ノイズ
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©筒井哲也/集英社©2022映画「ノイズ」製作委員会