あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-09-30

予告編

映画『189』予告編&ポスター|中山優馬 が児童虐待に真正面から挑む!


映画『189(イチハチキュウ)』の公開日が12月3日(金)に決定し、予告編とポスターが解禁された。

現在、日本では多くの児童虐待が報告され、全国に児童相談所が設置されている。しかし、その報告件数に対し、現場を支える児童福祉司の人数は決して多くない。年々増加する児童虐待から<いちはやく>子供を助けることができるよう設けられたのが、児童相談所虐待対応ダイヤル“189(いちはやく)”。本作は、ダイアル“189”に助けを求める小さな命を救うために奔走する児童虐待対策班を通じて、社会問題を描くことで、問題解決の一途を担えればという願いから誕生したヒューマンドラマ。主演に5年振り2度目となる映画主演に注目が集まる中山優馬。共演に夏菜、前川泰之、灯敦生、太田結乃、滝川広志(コロッケ)、寺西拓人、平泉成、吉沢悠の出演が決定している。
 
予告編では児童相談所虐待対応ダイヤル“189(いちはやく)”の解説から、不条理な暴力にさらされる子供たちの現状とともに「パパにたたかれたのはうそです」「ぜんぶじぶんでやりました。」「ごめんなさい。」と不穏なセリフが続く。衝撃的な映像が続くなか、虐待に受けている少女・増田星羅(太田結乃)の泣き顔が映しだされ、彼女の心の痛みを代弁するかのように怒りを爆発させた児童福祉司・大河(中山優馬)の「子供に寄り添う心すらないやつが子供の命を預かるな!」と熱くまっすぐなセリフが飛び出し「どんなことがあっても必ず守るよ」と泣きそうになりながらも強い決意を秘め約束するセリフが切り取られている。中山の熱演とともに名匠・加門幾生監督の元にダイル”189”を広めたいと集まったキャスト陣の熱量が感じ取れる予告編となっている。

主題歌は、声優としての活躍のみならず、TVアニメ「ラブライブ!サンシャイン !!」Aqours のメンバーとしても活動し、2018年には第69回 NHK 紅白歌合戦に出演、2021年9月29日に1st Single「ハネムーン」をリリースしたばかりの降幡愛が歌う「東から西へ」(Purple One Star)。予告編にて一部が解禁された。挿入歌は、増田典子役を演じる灯敦生の「指先のミライ」。本作の為に書き下ろされた楽曲となり、近日、監督に俳優・須賀健太を迎えたミュージックビデオが公開予定となっている。

映画『189』予告(30秒) 


映画『189』予告(60秒) 

ストーリー

東京都多摩南児童相談所虐待対策班で働く新人児童福祉司の坂本大河(中山優馬)は、ある日、シングルマザーの母親に虐待され、一時保護所にいた4歳の藤沢芽衣を母親の元に帰す現場に立ち会う。翌日、大河は芽衣が亡くなったと知らされショックを受ける。上司の安川(前川泰之)から休養を取るように言われる大河だが、生前の芽衣が「家に帰りたくない!」と訴えていた姿を思い出し苦悩した末、辞表を手に職場へ向かう。その時、父親にひどい虐待を受け、病院に搬送された6歳の増田星羅(太田結乃)の元へ向かってもらえないかと職場から電話が入る。病院で面会した大河に星羅は、「いまのパパはいらない……家に帰りたくない」と告白する。父親の勝一(吉沢悠)は、星羅の傷は「娘が自分でやったこと」と虐待を否定。大河たちが星羅を一時保護すると告げると、「星羅は私の娘だ!連れて帰る!」と怒鳴り出す。医師から星羅の傷は、虐待によるものである可能性が高いと聞かされた大河は、星羅を一時保護所に預け、弁護士の秋庭詩音(夏菜)と共に虐待の事実を立証し、勝一と妻の典子(灯敦生)の親権を停止にできないかと奔走するのだが……。

作品情報

作品名:映画『189(イチハチキュウ)』
公開:12月3日(金)、グランドシネマサンシャイン 池袋、イオンシネマ他にて全国公開
出演:中山優馬(主演)
夏菜 /前川泰之 灯敦生 太田結乃 滝川広志 寺西拓人/ 平泉成  吉沢悠
監督:加門幾生
脚本:長津晴子
配給:イオンエンターテイメント
HPアドレス : http://189movie.jp/
SNSアカウント :@189movie
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©映画「189」製作委員会 ヴァンズピクチャーズ