あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-10-12

公開情報

『映画 えんとつ町のプペル』キンコン西野亮廣×梶原雄太副音声付き上映第三弾決定!



お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣原作の絵本「えんとつ町のプペル」を映画化したアニメーション『映画 えんとつ町のプペル』より、スマートフォンアプリ「HELLO! MOVIE」を使用した【キングコング 西野亮廣×梶原雄太による副音声付き上映第三弾】の実施が発表された。10月22日(金)から本作の全上映劇場にてスタートする。

第三弾では、西野に加えて梶原の参加が実現。そして、二人の【コメント映像】と【ダイジェスト映像】も解禁された。【コメント映像】は収録後の西野、梶原の二人のコメントが収められており、初めて副音声上映の収録に参加したという梶原は「しゃべりすぎて、映画の内容が入ってこないと思うので2回目とか3回目の方に楽しんでいただきたい」とコメント。

西野も「何度も観ていて、ストーリーも全部知っている方に、副音声を楽しみにしている方に観ていただきたい」とその手ごたえを語り、さらにその内容について、「トークライブのようだ」とも話しており、ファンにはたまらない聞き応えたっぷりなことが伺える。「とは言え、めちゃくちゃいい話もしていますので」と、梶原曰く、3回鳥肌が立ったという本作の裏話などもたっぷりと語っており、第一弾、二弾に続き、ここでしか聞けない話が満載の内容となっている。



そして、西野と梶原の収録中の様子を捉えた【ダイジェスト映像】では、最初は映画の話をしていた二人の会話が徐々に脱線していく様に笑わずにはいられない。

さらに、T・ジョイPRINCE品川にて、副音声を100%楽しむための特別上映「映画館でプペルを流しながら、キングコングのラジオを聴く会」を10月29日(金)に実施することが決定。詳細は後日、映画公式サイトや、劇場の公式サイトで発表される。



ストーリー

2021年、あなたのハロウィンをハッピーに!厚い煙に覆われ、空を知らないえんとつ町。見上げることを忘れたこの町のハロウィンの夜に現れた、体がゴミのゴミ人間。偶然出会ったひとりぼっちの少年ルビッチは、まだ名もない彼に“プペル”と名前をつけた。のけもの同志、友情に結ばれた二人が目指したのは、誰も知らない、知るよしもない、空の向こうにある星だった。今、えんとつ町の秘密をめぐる、大冒険が再びスクリーンへ甦る!

作品情報

タイトル:「映画 えんとつ町のプペル」
声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣 
監督:廣田裕介
OP主題歌:「HALLOWEEN PARTY -プペル Ver.-」 HYDE (Virgin Music) ■ED主題歌:「えんとつ町のプペル」ロザリーナ(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃ ■製作:吉本興業株式会社 
配給:東宝=吉本興業
映画コピーライト: ©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
原作:「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊)
原作コピーライト:©AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016  
公式サイト:poupelle.com
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会