あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-10-22

「意識の範囲からちょっとだけはみ出してくる」映画『ひらいて』首藤凜監督との対談で見えた山田杏奈の魅力

綿矢りさ原作の同名小説を実写化した、映画『ひらいて』が2021年10月22日に公開される。ドラマ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』や映画『樹海村』など、出演作が絶えない役者のひとり・山田杏奈を主演に、「この作品を撮るために監督になった」と熱い思いを寄せる新進気鋭の若手監督・首藤凜が監督・脚本を手がけた。



山田杏奈が演じる高校生の愛は、ある日、自分が恋をしていることに気づく。相手は同じクラスの”たとえ”(作間龍斗)。


それなのに、彼には秘密の恋人・美雪(芋生悠)がいる。”たとえ”に振り向いてほしいと願う愛は、なぜかその恋人の美雪に視線を向ける。

愛の屈折した思いから生まれた三角関係を描く、映画『ひらいて』に込めた思いを山田杏奈と首藤凜監督に聞いた。


綺麗ごとじゃない、収まろうともしていない登場人物たちの魅力

——まず首藤監督に伺います。「この映画を撮るために監督になった」とコメントを寄せていらっしゃいますね。それほどまでに『ひらいて』に心を惹かれた理由は?

首藤:17歳の頃に「ひらいて」を読んで、衝撃を受けたんです。好きな人が自分を好きになってくれるかどうかっていう、いわばまっとうな恋愛の枠を越えて、自分から外へ出て行っちゃう話。いわゆる”まともな世界”からこぼれ落ちていくような話だなと感じて、すごく感銘を受けました。


女子校だったせいか、原作を読んでいたら色々な思いに襲われたんです。「同性に対しての複雑な気持ち」とか「この関係じゃないと結ばれない複雑な感情」とか「思ってもみない方向から人に受け入れられる瞬間」とか。これから人生で起きていくことの予感みたいなものを感じたんですよね。

映画づくりに携わっていくうちに「絶対に私がこれを映画にする!」と強く思うようになりました。

——監督の熱い思いを受けて主演を務めることになった山田さんですが、原作や脚本を読まれての第一印象は?

山田:そうですね……。決して綺麗事じゃない話だと思いました。キャラクター全員がうまく収まろうとしていないんですよ。「この人はこういう人だ!」って簡単には片付けられない背景をそれぞれ背負っている。そんな不安定さも魅力的だなって思いましたね。


その反面、主人公の愛をやらせてもらうって聞いてから原作を読んだので、「私が愛を演じるの?ど、どうしよう……」って焦る気持ちもありました。

首藤:愛を演じると知ってから原作を読まれたんですか?

山田:そうです。もともとマネージャーさんには「私が愛を演じたら合うんじゃないか」と言われていたんです。それでマネージャーさんが映画化について問い合わせてみたら、もう私が主演で動いてます、って言われたそうなんですよ。それから原作を読ませてもらったので、愛を私が演じるんだと最初から意識してました。

首藤:すごい。たまたまタイミングが被ったなんて、運命的ですね。


「わからない」まま演じた主人公・愛

——山田さんは「愛との共通点はどこですか?」と質問されると困ってしまうそうですね。共通点が見えにくい役柄を作っていくのは難しかったのでは?

山田:愛については、もうわからなさすぎて。現場でもずっと「わからないぞ、どうしよう……」って思いながら演じてましたね。演じ終わった今でも、彼女のことを完全に理解したとは言い切れないです。

でも、ここまで「ひらいて」に思い入れが強い首藤監督がいてくれるから、きっと大丈夫だろうと信頼してました。私が監督に「わからないです」って助言を求めたときは、より愛について考えを深められるようなことを言ってくださいましたし。

でも、首藤監督が他媒体のインタビューで「(山田さんには)わからないままやってほしかった」と仰ってるのを読んで、「え〜!そうだったの!」ってびっくりしました(笑)。

首藤:ふたりで話していくうちに「わからない」が膨張していきましたよね。


——首藤監督は、愛を作り上げていくにあたって、山田さんにはどういった声かけを?

首藤:こうしてああして、ってこちらから指示するよりは「これはなんでだと思いますか?」「これは勢いよく投げるのか、それとも躊躇するのか、どっちだと思いますか?」っていろいろ投げかけましたね。

杏奈ちゃんから「これは勢いよく投げます!」って答えが返ってくるときもあれば、もちろん「う〜ん」ってふたりで悩んじゃうときもあって。その揺れている感じも、愛の魅力として出るといいなと思ってました。


——わからない部分はわからないままで進めた、と。

首藤:そうですね……でも、当時そこまで論理的に考えられていたかは、正直わからないです。なるべく自分と愛を切り離すようにしていたので、その答えを知るために(山田さんに)聞いてしまって、「わからない……」って頭を抱えることもあったと思いますし。

山田:私は、首藤監督の中には「こうしてほしい」って方向性があるんじゃないかって、ずっと思ってましたよ。

首藤:うん、あった、確かにそれはあったのかも。

山田:答えはあるんだろうなと思いつつも、でも首藤監督の思う正解だけじゃなくて、私がどう思うかもずっと引き出そうとしてくださってました。


首藤:その話で思い出したことがあります。”たとえ”の恋人・美雪の自宅の前で、愛が一人で待ってるシーンのロケハンに行った時のことなんですけど。

その自宅の前で、カメラマンさんがスタンドインしたんですよ。「こんな感じで待ってるのかな」って、試しに立ってみる感じで。それを見た瞬間に、愛の寂しさみたいな感情が心に入ってきて、その場で私、号泣しちゃって……。

監督である自分がこの状態だと、杏奈ちゃんがやりづらいと思って、必死に感情を抑えました。このシーンで、寂しくて泣いてしまう愛が決して「正解」なわけじゃないから。杏奈ちゃんしか愛にはなれないんだから「これはいかん!」と。

山田:そうだったんですね。あえて方針を決めないでくださってるんだなと感謝しつつ、私自身が迷ってた部分も多かったです。だからこそ、思い入れの深い作品になりましたね。

アンコントロールなところに魅力がある役者・山田杏奈

——初号試写をご覧になられた時の手応えはどうでしたか?

首藤:音楽と音がついた状態で全体をとおして観たときに、初めて客観的に捉えられたかもしれません。少なくとも「自分が観たいと思えるもの」は作れたかな、と。



山田:私はまだ客観的には観られてなくて。ただひとつ言えるのは、現場で自分が思っていたよりも、ちゃんと愛を演じられているな、と思いました。

「これで大丈夫かな」って思いながら演じていた部分もあったので……。初めて全体をとおして観て「あ、これは愛だ、よかった」って思えたので、ほっとしました。

——監督にとって、山田杏奈さんはどんな役者さんですか?

首藤:面白い役者さんですよね。20歳なのにすでにキャリアが長いから、すごくしっかりしてるなと思います。それなのに、意外とアンコントロールなところがあるのがかわいらしい(笑)。眠そうなときは、あからさまに「眠いです」って顔をするところとか。

意識の範囲からちょっとだけはみ出してくるところがチャーミングだし、個人的には愛っぽいなと思ってました。

山田:私自身は「愛との共通点はあまりないです」って言ってるけど、首藤監督はどう思ってるのかなってずっと聞いてみたかったんです。愛っぽいと思われてたんですね(笑)。

首藤:アンコントロールなところに面白さが出てくるっていうのが、すごく……役者さんとしてよりも、人としての魅力なのかなあ。


——人として魅力を感じたからこそ、山田さんに今回主役をお願いしたという面も?

首藤:そうですね。杏奈ちゃんは脱ぐといったら脱ぐし、投げるとなったらゴミ箱を投げるし、高いフェンスも登るとなったら登るし。潔いんですよ。役者さんとして「やるとなったらやる」っていう強さがある。
杏奈ちゃんなら絶対やってくれるっていう圧倒的な信頼感があるから、ついついお願いしてしまうんだと思います。

——山田さん自身は、監督の言葉を受けてどう思われますか?

山田:いざ「やる」となったら、やらないという選択肢はないですよね。

——「これだけは無理!」と逃げたくなるようなことはないですか?

山田:なんだろう、何かあったかな……?

過去に「尺取り虫を手で触って」って言われたときはしんどかったですけど、でもやりました。怪我して撮影に響かない限りは、まあいっかって思っちゃいますね。

首藤:迷いがないですよね。やらなきゃいけないからやります、っていう「仕方なさ」がない。もはや反射的で、早いんですよ。


——山田さんにそういう面があるのは意外でした。それでは、これから『ひらいて』を観る読者にメッセージをお願いいたします。

首藤:私はすごく原作に共鳴して「この作品を作りたい」と思ったんですけど、共感できない人も、愛という人のことを好きになれない人もいると思います。それでも、愛という子を面白がって観てもらえたらうれしいです。

山田:私はもうずっと「わからない」が土台にあって、それでも夢中で愛を演じ切ったっていう感覚でいます。わからないなりに首藤監督と力を合わせながら、愛という人物を形にしました。首藤監督の言うように、愛という人そのものを面白がってもらえたらいいな、と思います。

(撮影:冨永智子、取材・文:北村有)

ーー

映画『ひらいて』作品情報

​​予告編


出演:山田杏奈 / 作間龍斗 / 芋生悠
山本浩司 / 河井青葉 / 木下あかり
板谷由夏 / 田中美佐子/ 萩原聖人

監督・脚本・編集:首藤凜

原作:綿矢りさ

音楽:岩代太郎

主題歌:大森靖子

http://hiraite-movie.com/
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会