『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』の予告編映像が解禁!

 © Mosfilm Cinema Concern, 2017

ロシアの文豪トルストイの小説を映画化した娯楽大作『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』が公開。この度、ポスタービジュアル・予告編が完成した。

ストーリー概要

日露戦争が始まった1904年の満州。セルゲイ・カレーニンは軍医として戦地に赴いていた。ある日、重要人物だという大佐が彼のもとに運ばれてくる。彼の名は、アレクセイ・ヴロンスキー。名を聞いて、セルゲイは凍りついた。この男のために母アンナは幼い自分と父を捨て、果ては自ら命を絶ったのだ・・・。 一時、殺意を抱くほど憎んでいたが、年齢を重ねた今、何よりも母の真実を知りたかった。なぜ自ら命を絶ったのか。セルゲイの問いに答えて、ヴロンスキーは言った。「人は記憶を捏造する。愛の真実は無数にある」と。そして、彼にとっての真実を話し始める…。

ロシアが世界に誇る文豪トルストイの「アンナ・カレーニナ」をベースに、20世紀前半に活躍した、ヴィケーンチイ・ヴェレサーエフの日露戦争文学の要素を交えて、『蒼ざめた馬』などで知られる現代ロシアの巨匠カレン・シャフナザーロフ監督が、広大なロシアを舞台に描く人生と愛の本質に迫る娯楽大作となっている。

映画は2018年11月10日(土)からヒューマントラストシネマ有楽町にて、公開。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com