作家デビュー40周年!『バーニング 劇場版』ほか村上春樹の世界が愉しめる映画3選

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

日本が世界に誇る小説家・村上春樹。1979年に「群像」に投稿した「風の歌を聴け」が第22回群像新人文学賞を受賞。2019年は作家デビュー40周年の年にあたる。その独特な世界観に魅了され、多くのファンを惹きつける村上春樹作品は、これまで数多く映像化されてきた。

2019年2月1日(金)より全国公開される、イ・チャンドン監督最新作『バーニング 劇場版』ほか、村上春樹の小説の世界が愉しめる作品を紹介する。

『バーニング 劇場版』 (2019年2月1日公開)

©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved

世界が待望した韓国の巨匠イ・チャンドン監督8年ぶりの新作は、村上春樹の短編「納屋を焼く」を原作とし、映画オリジナルの解釈で大胆にアレンジした『バーニング 劇場版」。原作の中にある小さな謎を拡大してそれを繋げることで、観るたびに新たな見解を呼び起こす究極のミステリーに仕上げた。主人公のジョンスには『ベテラン』で強烈な悪役を演じ、時代劇もこなすなど毎回違ったキャラクターを完璧に演じる韓国を代表する演技派俳優のユ・アイン。ジョンスの人生に影響を与える謎の男ベンには、TVドラマ「ウォーキング・デッド」 シリーズのグレン役を演じ日本でも人気沸騰中のスティーブン・ユァン。ジョンスの幼馴染のヘミ役には映画初出演のチョン・ジョンソがオーディションで大抜擢された。

『ハナレイ・ベイ』 (2018年公開)

【Amazon.co.jp限定】ハナレイ・ベイ [Blu-ray] (AmazonオリジナルDVD付) (非売品プレス付)

村上春樹の短編集「東京奇譚集」に収められた一編を映画化。ハワイのハナレイ・ベイで息子を亡くしたシングルマザーが、一筋の希望を見いだす。主人公に『ラブ×ドック』などの吉田羊が扮するするほか、GENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於、 『武曲 MUKOKU』などの村上虹郎、モデルとしても活動している栗原類らが共演。『トイレのピエタ』などの松永大司がメガホンを取った。

『ノルウェイの森』 (2010年公開)

ノルウェイの森

1987年に刊行されて以来、世界中で読み継がれるベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を、『青いパパイヤの香り』『夏至』などのトラン・アン・ユン監督が映画化。亡くなった親友の恋人との関係を通し、主人公の青年の愛と性、生と死を叙情的につづる。主人公には松山ケンイチ、大切な人の死をきっかけに主人公と心を通わせていく女子大生に菊地凛子が扮し、複雑な人間性を繊細に演じる。トラン・アン・ユン監督のみずみずしい世界観と、深遠な村上春樹ワールドが融合している。

関連記事

村上春樹原作小説を韓国で映画化!『バーニング 劇場版』日本公開決定
村上春樹原作小説「ハナレイ・ベイ」、吉田羊主演で映画化決定!
兵庫県にある『ノルウェイの森』ロケ地がとても美しかった!!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com