『クリード 炎の宿敵』衝撃の場面写真!ロッキーとアドニス…師弟の間に何が起こった!?

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

2019年1月11日(金)公開の『クリード 炎の宿敵』より、新たな場面写真がお披露目された。あわせて、公開に向けての期待コメントが到着した。

2015年に『ロッキー』シリーズの新章として公開され、全世界興収1億7,356万ドルを記録した『クリード チャンプを継ぐ男』。アドニスとロッキーの世代を超えた友情、リアルでダイナミックなファイトシーン、ひたむきに夢を追い求める姿が共感を呼び大ヒットし、批評家・観客からも絶賛された。

アドニスとロッキーの前に立ちはだかる“炎の宿敵”とは、1985年公開された『ロッキー4/炎の友情』でアドニスの父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴとその息子ヴィクター。同作で、ソ連から送り込まれたドラゴとのエキシビジョンマッチに挑んだアポロ・クリードは、猛烈なパンチを浴び続け、ついには帰らぬ人となってしまう。自分に代わって挑戦を受けたアポロを失ったロッキーは、無謀な戦いを止められなかったことを悔やみ、親友アポロの雪辱を果たすために戦うことを決意。ファイトマネーはゼロ、アウェイでの非公式試合という最悪の条件でファイトを受け入れ、モスクワの過酷な雪原で厳しいトレーニングを続ける。そして、殺人的なパワーを持つドラゴとの15ラウンドの死闘の果てに、遂にロッキーがアポロの雪辱を果たしたのだが…。

「Rotten Tomatoes」で95%の好スコアをマークした前作『クリード チャンプを継ぐ男』と、『ロッキー』シリーズ全6作の中で最も高い興行収入を誇る人気作『ロッキー4/炎の友情』の2作品のその後を描く『クリード 炎の宿敵』。33年の時を経て描かれる息子同士の宿命の戦いに、ファンからは早くも熱い期待の声が上がっている。

今回解禁された場面写真は2つのシーン。1枚目は、リングに立つアドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)の姿をとらえたもので、凛々しい表情でリングに立つアドニスの傍らには、師であるロッキー(シルベスター・スタローン)の姿が。アドニスは前作に続き、伝説のチャンプである父アポロ、そして固い絆で結ばれた師ロッキーへと引き継がれた星条旗デザインのトランクスを身につけている。

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

そして2枚目は、チームの面々を率いてリングへと向かうアドニスの姿をとらえたカット。セコンドの一人がWBCのチャンピオンベルトを携えていることから、アドニスが名実ともに「チャンプを継ぐ男」となっていることがわかる。しかし、真紅のガウンを着たアドニスの表情は冴えない。しかも、チームで最も重要な人物であるロッキーの姿が見当たらないのだ。すでに公開されている予告編で、ロッキーは最強の敵であるヴィクター・ドラゴ(フロリアン・ムンテアヌ)との因縁の一戦に臨むのは止めるように助言していた。だが、「俺は負けない」と応じたアドニスは、師の言葉に耳を貸さずに闘うことを決意したのだ。ロッキーとアドニス、師弟の間で一体なにが起こったのか。波乱に満ちた物語になることを予感させる。

あわせて、本作の公開が待ちきれない、ロッキー・シリーズを愛する著名人からの熱い期待コメントが早くも続々と到着している。やはりファンの注目は、『ロッキー4/炎の友情』から33年の時を経て描かれるイワン・ドラゴ(ドルフ・ラングレン)のその後、そしてクリードvsドラゴによる息子たちの因縁の対決に集まっている。

映画批評家の前田有一氏は、「予告編を見ただけで泣けてきた。スタローン(製作・脚本)は、このシリーズにとってこれ以上はありえない最強のカードを切ってきた。間違いなく、史上最高の盛り上がりとなるだろう」と大きな期待を寄せる。「魅力的なファイターには、まとわりつくような因縁のバトルが似合う。DNAレベルで断ち切ることができない相手と戦うなんて、メイウェザーvsパッキャオ以上に待ち遠しい」と“世紀の対決”にかけたコメントを寄せたのは、ジャーナリスト、編集者として活躍する丸山ゴンザレス氏。映画/音楽ライターの村尾泰郎氏は、「最強の遺伝子を受け継いで、“親父越え”を目指す息子たちの宿命の対決! 前作以上に盛り上がること必至の本作で、『クリード』シリーズは“『ロッキー』越え”できるのか。ゴングが鳴るのが待ち遠しい」と熱いコメント。映画ライターの平田裕介氏は、「やっぱり来たか、アポロJr.対ドラゴJr.!!!(中略)父の弔いとクリードのさらなる成長に号泣スタンバイ!」と早くも大興奮の様子だ。また、映画評論家のくれい響氏からは、「栄光、信頼、そして家族……。背負うものこそが、男を強くする! 前作を越える魂震えるドラマ、白熱の試合シーンを期待せずにはいられない!」と、前作への高評価をさらに超える人間ドラマへの期待コメントが届いた。

また、 メインキャスト2人へのコメントも熱い。映画ライターの渡辺麻紀氏からは、「歳を重ね、深みと渋みがにじみ出たスライ。今度こそオスカー像を手にして欲しいと思っています!」と、前作でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされながら惜しくもアカデミー賞授賞を逃したシルベスター・スタローンへの応援コメントが。映画・音楽ジャーナリストの宇野維正氏は、「『ブラックパンサー』で史上最高のヴィラン(悪役)を演じて世界中を熱狂させたマイケル・B・ジョーダンが、今度は家族のために決死のリングに上がる。この勝負を見届けずに2019年は始まらない」と、ノリに乗っている主演マイケル・B・ジョーダンに焦点を当てつつ、気持ちを新たに新年のスタートを切るのにふさわしい激アツ映画となることを確信させるコメントを寄せている。

©2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画『クリード 炎の宿敵』は、2019年1月11日(金)より全国ロードショー。

『クリード 炎の宿敵』公開期待コメント全文
赤ペン瀧川(映画コメンテーター)

来ると分かってた!続編を作ってくれると信じてた!
あぁ、また熱い戦いが観れるのかと思うとワクワクしてくるぜ!俺も公開までに身体を鍛えておくわ!

有村昆(映画コメンテーター)

日本では「コークサン洋画劇場」で、ロバート秋山さんが「六城」を演じて話題の中、本家のスタローン兄貴がやってくれた!
俺たちは待ってたんだよぉぉ!遺伝子を継ぐ傑作に期待大!!!待ちきれない!

宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)

『ブラックパンサー』で史上最高のヴィラン(悪役)を演じて世界中を熱狂させたマイケル・B・ジョーダンが、今度は家族のために決死のリングに上がる。
この勝負を見届けずに2019年は始まらない。

尾崎一男(映画評論家&ライター)

『ロッキー4/炎の友情』がシリーズNo.1のオレにとって、宿敵ドラゴの“その後”が見られるだけで既に設定勝ち。
しかもあのロシアの超人の息子が登場だなんて、悶絶してリングに沈んだまま立てる気がしない! 
『4』を黒歴史扱いしてきた連中、ざまぁみろと言いたいところだが許してやるぜ。
なぜならロッキーいわく「誰でも変われるはずだ」から!!(『4』最後のスタローンの台詞より)

清藤秀人(映画ライター/コメンテーター)

ロッキー&アドニスvsドラゴ親子のWリベンジマッチも勿論気になるが、
前作以上に精悍なマイケル・Bと、当たり役を再演する度に味わいを増すスタローンの親子を超えた芳醇な関係に、また存分に涙したいと願うのみ!!!

くれい響(映画評論家)

栄光、信頼、そして家族…。背負うものこそが、男を強くする! 
前作を超える魂震えるドラマ、白熱の試合シーンを期待せずにはいられない!!

コトブキツカサ(映画パーソナリティ)

ロッキーという偉大なる映画を正式に継承しているクリ―ド2を観るという事は、
僕にとって誰からも強要されていない幸福な義務であり人生最大のご褒美です。

斉藤博昭(映画ライター)

チャンプ=王者を受け継ぐ姿はもちろんだが、ボクシング映画は王者になった後がより面白い。
その法則は必ず守られるはず。前作後の活躍でますます演技力を磨いたマイケル・B・ジョーダンが、
スタローンとの師弟愛をさらにエモーショナルに体現することだろう。

芝山幹郎(評論家)

強度も速度も上がっているはずのジョーダンが楽しみだ。敵の両親はラングレンとニールセンか。スタローンは心が広い。

相馬学(フリーライター)

合理の21世紀に甦った熱き『ロッキー』スピリット。ボクサーという若き求道者アドニスが、ここから何処に向かうのか?
願わくば、その道が王座へと続いていることを!

立田敦子(映画ジャーナリスト)

父を超えられるのか。息子の宿命である命題に挑むアドニスの成長が楽しみ!
さらに鍛え上げて細マッチョぶりに磨きがかかったマイケル・B・ジョーダンとルーマニアのボクサー、フローリアン・ムンテアヌの、
激しくヒリヒリするような闘いぶりを期待したい。
スタローンから直々に大抜擢された、新鋭スティーブン・ケイプル・Jr.といい、近年これだけ伸びしろが期待される続編は珍しい。

平沢薫(映画ライター/シネマトゥディ)

アポロの息子にも、彼の父がロッキーに宣言したように「いいな、タオルは投げるなよ」と言う瞬間がやってくるのか?!
アポロの息子とドラコの息子が宿命の対決! これはもうリングサイドで見るしかない。

平田裕介(映画ライター)

やっぱり来たか、アポロJr.対ドラゴJr.!!!
すでに頭ん中で「Eye Of The Tiger」と「Living in America」がエンドレスで鳴り響く!
父の弔いとクリードのさらなる成長に号泣スタンバイ!

前田有一(映画批評家)

完璧に終わっていた「ロッキー」の後に続けるなんて不可能だと誰もが口をそろえてた。
だけど「クリード チャンプを継ぐ男」はそのすべてを跳ね返して大傑作の評価を得た。
あれから3年、アドニスとロッキーはロシアの””あの男””と戦うという。なんという運命の巡り会わせか。
予告編を見ただけで泣けてきた。スタローン(製作・脚本)は、このシリーズにとってこれ以上はありえない最強のカードを切ってきた。
間違いなく、史上最高の盛り上がりとなるだろう。早く観たい。

松崎健夫(映画評論家)

いつの時代も人生を導いてくれるのは、自分の少し前を歩いている先人たちだ。
そして理解ある友人が、人生を豊潤にさせる。ロッキーがそうであったように、アドニス・クリードもまた、そんな“先人”となる予感を覚える。

丸山ゴンザレス(ジャーナリスト・編集者)

魅力的なファイターには、まとわりつくような因縁のバトルが似合う。
DNAレベルで断ち切ることができない相手と闘うなんて、メイウェザーvsパッキャオ以上に待ち遠しい。

村尾泰郎(映画/音楽ライター)

最強の遺伝子を受け継いで、“親父越え”を目指す息子達の宿命の対決! 
前作以上に盛り上がること必至の本作で、『クリード』シリーズは“『ロッキー』越え”できるのか。
ゴングが鳴るのが待ち遠しい。

村山章(映画ライター)

前作ではアドニス・クリードとロッキーの間に生まれる絆がメインで、亡きアポロの存在感がいささか薄かった気がしたが、
今回はアポロを殺したドラゴの息子との正面対決。アドニス、今度はジェームズ・ブラウンで入場してくれますか? 
脚本担当のスタローン、その辺のことわかってくれてますよね? アドニスよ、パパのアポロくらい陽気にハッチャケてくれ!
お前はバルボアじゃない、クリードなのだから!

よしひろまさみち(映画ライター)

親の因縁晴らすJr.vs Jr.の闘いに、老いのお手本ともいうべき人生のグル・ロッキーがまた!?
バトンを渡した前作でもお腹いっぱいと思っていたのに、さらに上回る設定が用意されるなんてたまらんわ!

渡辺麻紀(映画ライター)

歳を重ね、深みと渋みがにじみ出たスライ。
今度こそオスカー像を手にして欲しいと思っています!

わたなべりんたろう(監督/ライター)

スクリーンで2回観るほど入れ込んだ『クリード』の続編! ドラゴの息子と闘うとは! 期待しかない!

関連記事

『クリード 炎の宿敵』ドルフ・ラングレンが『ロッキー』シリーズに再降臨!スタローンや監督のコメントが到着
ついに息子同士の宿命の戦いへ『クリード 炎の宿敵』邦題決定!日本版予告編&ポスターも解禁
全世界待望の『ロッキー』シリーズ最新作『クリード2』公開決定!特報も解禁
ロッキーシリーズの新シリーズ『クリード チャンプを継ぐ男』。ラストの試合シーンにすべての熱が集約
年末年始は何を見よう?『クリード チャンプを継ぐ男』は寒さを吹っ飛ばす熱き映画だ!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com