アメリカ史上最大級の“暴動”を描く『デトロイト』2018年1月日本公開決定!

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

キャスリン・ビグロー監督の最新作『デトロイト』の日本公開が2018年1月26日(金)に決定した。

このニュースのポイント

・『デトロイト』の日本公開が2018年1月26日(金)に決定

・監督は『ハート・ロッカー』『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー

・<デトロイト暴動>の最中に起きた“戦慄の一夜”の事件を描く作品

他のニュース記事も読む

女性初のアカデミー賞®監督賞に輝いた『ハート・ロッカー』で、観客を主人公と共にイラクの地に、続く『ゼロ・ダーク・サーティ』では、オサマ・ビンラディンのアジトの中へと潜入させたキャスリン・ビグロー監督。徹底したリアルな描写による圧巻の臨場感、先が読めない骨太でスリリングなストーリーテリングで、常に観客を圧倒してきたビグロー監督が新たに挑むのは、1967年アメリカ史上最大級の“暴動”の最中に起こった“戦慄の一夜”の事件を描いた『デトロイト』だ。

本作は、アメリカの近現代史を語る上で忘れることができない凄惨な暴動事件が起きたデトロイトを舞台に、連日暴動が続く中で起きた恐怖に満ちた“戦慄の一夜”の事件を描く、衝撃の実話の映画化作品。

入念なリサーチによる圧倒的なリアリティと臨場感を突きつめた体感型エンターテインメントの作り手としても他者の追随を許さないビグロー監督が、観る者にまばたきさえも許さない極限のサスペンスをスクリーンにみなぎらせる。

最新作『デトロイト』の公開決定に合わせて日本版第一弾のポスターも解禁された。

縦にレイアウトされた原題「DETROIT」のロゴが強烈なインパクトを放つポスターは、暴動渦中のデトロイトで激しく衝突する民衆たちと、彼らを押さえ込もうとする警官の一触即発の瞬間をとらえたもの。本作でビグロー監督は、当時のドキュメント映像や写真をふんだんに使いながら凄まじい暴動の模様をリアルに再現。冒頭から観客を暴動の渦中へと引きずり込んでいく。

監督が「リアルタイム感覚でストーリーを体験してほしい」と語る通り、1967年7月、アメリカを震撼させた事件の舞台、アルジェ・モーテルへと観客を引きずり込む。連日暴動が続く中で起きた恐怖に満ちた一夜。そこで一体何が起こったのか。アメリカだけではなく、全世界を震撼させた禁断の真実が、今、明らかになる。

『デトロイト』ストーリー概要

1967年7月、米史上最大級の暴動勃発。街が戦場と化すなかで起きた“戦慄の一夜”暴動発生から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到した。そこで警官たちが、偶然モーテルに居合わせた若者へ暴力的な尋問を開始。やがて、それは異常な“死のゲーム”へと発展し、新たな惨劇を招き寄せていくのだった…。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com