ゴア元副大統領、大学時代のルームメイトの​トミー・リー・ジョーンズ​と​再会!

第30回東京国際映画祭を締めくくるクロージングセレモニーが11月3日(金・祝)に開催され、各賞の発表とともに、ドキュメンタリー作品として本映画祭初のクロージング作品に選出された『不都合な真実2:放置された地球』(11月17日(金)公開)​で地球環境問題に献身的に取り組む姿が描かれた​アル・ゴア氏(アメリカ元副大統領)​が​舞台挨拶を行った。

2006年にカンヌ国際映画祭で特別上映され大喝采を浴びたことを皮切りに、第79回アカデミー賞で2部門(長編ドキュメンタリー賞/主題歌賞)受賞、映画史上に残る記録的大ヒットとなった、地球と人類の未来を予見するドキュメンタリー『不都合な真実』 後、10年の時を経た地球の「現実」を映し出していく続編だ。

クロージング舞台挨拶には、2007年に地球環境問題の啓発に貢献したとしてノーベル平和賞を授与された、アル・ゴア氏(アメリカ元副大統領)が登壇。ハーバード大学時代のルームメイトであった、旧知の仲である審査員長トミー・リー・ジョーンズと舞台上で再会を果たした。

ジョーンズから「53年間もの友情を築いてきた方であり、​映画​界でも様々な賞を受賞された製作者であり、思慮深い方でもあります。そして今回多くの製作者のように続編をつくられました。ゴアさんに映画を語ってもらえたらと思います。​カモン、アル!​」という紹介があった後、アル・ゴアが登場。

ジョーンズとゴアは、顔を合わすなり熱いハグと握手を交わすと会場は大きな拍手に包まれた。

ゴアははじめに「どうもありがとう」と日本語で挨拶。

続けて「今回、東京国際映画祭に招待していただき、私の作品をクロージング作品として選んでいただき光栄です」と改めて感謝を述べたゴア。

続けてジョーンズについて「旧友のトミーに会えるなんて、夢にも思わなかったのでとても驚きました(笑)彼とは長い付き合いなんです。このような形で会えて嬉しいです」とコメント。

また、映画については「この映画を観て、感じて、この映画をきっかけとしてチャレンジできることを考えてほしい」と語った。

同じく登壇した小池百合子東京都知事は、地球温暖化に取り組み、10年後に再び、そのメッセージを、映画をとおして表現したゴアについて「10年を経て、また新たに作品を完成されたことに対して、おめでとうございますと申し上げます。この10年間でますます地球の状況は酷くなっているとみなさんお考えの方は多くいらっしゃっているのではないでしょうか。私は、ゴアさんは”地球を守る伝道師”だと思っております。映画を通じて多くの方に啓発、これからも地球を守っていただきたいと思っております。現在、2020年の東京オリンピックの開催を迎えるにあたって、様々な準備をしていますが、世界初の都市型キャップ・アンド・トレード制度を導入し、大きな成果も生んでいます。ゴアさんのますますのご活躍お祈りしております。」とコメントした。

小池都知事からの話を受け、ゴアは「小池さんとも長い付き合いになりますが、感謝を述べさせていただきます。オリンピックに向けて、努力され、問題に対して解決策を生み出し続ける姿勢にとても心強く感じました」と語った。

『不都合な真実2:放置された地球』は11月17日(金)に公開。

​​

『不都合な真実2:放置された地球』作品概要

地球と人類の未来を予見するドキュメンタリー『不都合な真実』は2006年に公開され、第79回アカデミー賞で2部門受賞、ドキュメンタリー映画史上に残る記録的大ヒットとなった。

また翌07年には地球環境問題啓発に貢献したとしてアル・ゴア(アメリカ元副大統領)はノーベル平和賞を授与された。あれから10年、地球は今頃、美しく生まれ変わっているはずだった。

しかし地球はかつてないほどの危機に瀕している。この10年間に果たして何が起こったのか?

前作では見られなかった、必死の形相で声を荒げて使命を全うしようとするゴアは、この時代に私たちにどんな「真実」を突き付けるのか?

今、最もタイムリーな作品として、世界中で大きな話題を呼んでいる。

他のニュース記事も読む

関連記事

世界に影響を与え続けるアル・ゴアの<現在>とは?『不都合な真実2:放置された地球』
アル・ゴア再び!「不都合な真実」続編、公開決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com