乳首が寒さで…ピンク四天王・佐藤寿保監督の最新作『華魂 幻影』完成披露

MC:大西さん、今回、映画初出演のイオリさんはいかがでしたでしょうか?」

大西:
自分自身も何回やっても初めてのような感じなんで、ただかなり大変なことをちゃんと臆さず挑んで立派だったなと思っています。ただまあ、1つ言えば、訛りがなあ、なかなかとれなくて、それが大変でしたね。

MC:イオリさん、ご出身はどちらなんですか?

イオリ:
京都の方なので、なかなか抜けなかったですね。

監督:今は抜けたほうだよ。

華魂 幻影 イオリ
映画『華魂 幻影』より(C)華魂プロジェクト

愛:私の乳首はもう少しシンプルです

MC:最後に一言ずつ、皆さまにメッセージをお願いいたします。

大西:
なかなか映画を観てもらうまでが大変で、そういう意味で、今日観て頂いた後に、面白いなと思って頂いたら、なるべく多くの人に伝えて、お客さんがたくさん来るお手伝いをして頂けたら幸いです。今日はよろしくお願いします。

イオリ:
私は初めてで、結構体も張ったと思いますので、ぜひ楽しみにしててください。

川瀬:
大西君とは個人的にもお付き合いがあったりとかで、撮影前に『ちょっと飲みませんか、川瀬さん』と言われて『佐藤寿保さんってどんな方ですか?』って聞かれて、僕はその時に『普通じゃないよ。いかれてる』って言いました。その通りのいかれた映画になっていると思います。ぜひ楽しんで下さい。よろしくお願いします。

愛:
さっき話しそびれてしまったんですけれど、極寒の中で撮影していたので、試写で拝見させて頂いた時から今日まで、ずっと頭にあったことが1つあります。極寒の中で撮影していたために、劇中で私は上半身を露出しているんですけれど、その乳首の状態が寒さによって、ものすごくキュッとなっていて……

川瀬:
何の話をしてるの、君は(笑)

愛:この場をお借りしてぜひ言いたいと思っていたのが、通常の温度下においては、私の乳首はもう少しシンプルです。

川瀬:
何の話をしてるの、君は(笑)

愛:
これを言ったら、そこばっかりそうなっちゃったら困るなということもあって『どうしよう』ってそればっかり考えていたんですけれど、何はともあれ、全て含めて楽しんで頂ければ嬉しいと思っていますんで、よろしくお願いします(笑)

監督:
『華魂』というのは1話完結もので、舞台は今回映画館のお話です。今大作目白押しで、つまらないものばかり上映していますけれど、この映画は他の映画館では観れない熱気と狂気と愛に包まれた映画だと思っております。面白かったら皆さん周りのお友達・親戚・お子さまに声をかけて頂いて、劇場にぜひ詰めかけて下さい。

華魂 幻影 ポスター

映画『華魂 幻影』は、2016年4月30日より、新宿K’s Cinemaにて公開。

画像ギャラリー

(C)華魂プロジェクト

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com