もはや社会現象!『ジョーカー』アメコミ映画12年ぶり“3週連続No.1”

【動員数・興行収入】
『ジョーカー』
絶賛公開中

『ジョーカー』が、爆発的な快進撃を続けている。公開3週目を迎える週末も動員数1,845,043人、興行収入2,720,157,750円と30億円を目前に、週末ランキングで3週連続のNo.1を記録。日本におけるアメコミ映画の3週連続No.1は『スパイダー マン 3』(2007)以来、12年ぶりの快挙となった。

本作は、アメコミ映画ファンや映画ファンの枠を超え、しばらく映画館での映画鑑賞から遠のいていた人たちを巻き込む大きな話題となっている。「実に20年ぶりに映画館で映画観る。ジョーカー」、「専らレンタル&ネトフリ派なので実に13年ぶりの映画館なんですけどジョーカーキメます」、「映画館で映画観るとかいう遊び方をするのは10年ぶりくらいで嬉しくて舞い踊ってる。 ちなみに観るのはジョーカー」等、10年ぶり、20年ぶりに行くという投稿がSNS上を飛び交った。

実際に久々に映画館体験をした人たちによる「15年ぶりに映画館来てジョーカー観てきた。ヤバ面白かった」、「マジで13年ぶりに映画館で映画観たけどジョーカー最高でした…」、「6年ぶりに映画館に行って映画を観た。映画『ジョーカー』明日も観に行こうか悩み中… 明日は無理でも、何度か行きそう。それくらい良かった」をはじめ、期待をはるかに超える満足コメントも゙続々と投稿されている。

そして、圧倒的な作品力かつ唯一無二の鑑賞後感から、複数回リピーターの声も続々。「明日ジョーカー観るけど、明日で7回目だよ」、「ジョーカーを好きで好きでもう3回に観たのに日曜日に4回目の鑑賞を予定しました!これで最後だと思いますけど5回目があってもおかしくないです!」の他、「ジョーカー観てからというもの、ほぼ毎日、ジョーカーの情報を追ったり解釈を見たり、、、リピートしたくなってきた」「自分のTLは毎日ジョーカーばっかり。どこからどこまでが〇〇なのか確かめずにはいられないから、リピート不可避だよ」と、他人の投稿にある新たなポイントを確かめるために、何度も劇場へ足を運んでしまうという人も続出している。

アーサー=ジョーカーを演じ、アカデミー賞最有力の呼び声高いホアキン・フェニックスは「僕にとって、特別な映画だ。この映画への人々の反応は、それぞれ違うだろう。実に多くの感じ方があると思う。僕はそういった点に惹かれた」とSNSをはじめ議論されているように様々な捉え方ができる作品であると明かす。さらに「僕は、多くの異なる考え方を持つ人たちが楽しめる映画が好きだ。この映画は、多くの様々な人たちの期待に応えられるものになっていると思うよ」と作品への自信も語っている。

ストーリー

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気溢れる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?

公開情報

『ジョーカー』
監督・製作・共同脚本:トッド・フィリップス(『ハングオーバー!』シリーズ)/共同脚本:スコット・シルバー(『ザ・ファイター』アカデミー脚本賞受賞)/
キャスト:ホアキン・フェニックス(『グラディエーター』アカデミー助演男優賞ノミネート)、ロバート・デ・ニーロ(『ゴッドファーザー PART II』アカデミー主演男優賞受賞)、ザジー・ビーツ(『デッドプール 2』)ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

他の記事も読む

関連記事

『ジョーカー』を読み解く「3つ」の鍵!『モダン・タイムス』は何故使われた?
『ジョーカー』がいかに傑作か語る!映画上映開始3分で涙を流した経験はありますか?
『ジョーカー』が人々を魅力する「5つ」の理由

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com