『アラジン』V4!初週の『スパイダーマン』を破る!【映画ランキング】

先週末(2019年6月29日〜30日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『アラジン』

2位(NEW)『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

3位(↓)『ザ・ファブル』

4位(NEW)『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』

5位(→)『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

6位(↑)『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』

7位(↓)『メン・イン・ブラック:インターナショナル』

8位(NEW)『今日も嫌がらせ弁当』

9位(↓)『コンフィデンスマンJP』

10位(NEW)『新聞記者』

今週の映画動員ランキングは、『アラジン』(ディズニー)が土日2日間で動員61万1000人、興収8億7900万円をあげ4週連続首位を達成した。公開4週目にして動員、興収共に前週比88%以上と落ちの少ない興行を続けており、累計では動員504万人、興収72億円を突破している。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(ソニー)は、土日2日間で動員46万人、興収6億9900万円をあげ2位に初登場。初日から3日間の累計では動員70万人、興収10億円を記録する好スタートを切った

先週2位でスタートを切った『ザ・ファブル』(松竹)は、土日2日間で動員16万4000人、興収2億2700万円をあげ3位にランクイン。累計では動員70万人、興収9億円を突破した。

「それいけ!アンパンマン」の劇場版31作目となる『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』(東京テアトル)は、土日2日間で動員10万5000人、興収1億2600万円をあげ4位に初登場。歴代最高となる最終興収6.5億を記録した前作「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」を上回る好スタートを切った。

ほか新作では、人気ブログから書籍化もされたエッセイを実写映画化した『今日も嫌がらせ弁当』(ショウゲート)が8位にランクイン。

望月衣塑子の同名ベストセラーを原案に、権力とメディアの”今”を描く社会派サスペンス『新聞記者』(スターサンズ/イオンエンターテイメント)は、143スクリーンという規模での公開ながら10位に初登場している。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com