『天気の子』V3!興収60億円へ!【映画ランキング】

先週末(2019年8月3日〜4日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『天気の子』

2位(NEW)『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

3位(↓)『トイ・ストーリー4

4位(NEW)『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

5位(↓)『アルキメデスの大戦』

6位(↓)『ペット2』

7位(↓)『劇場版 仮面ライダージオウ/騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE』

8位(↓)『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』

9位(↓)『アラジン』

10位(↑)『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』

(C)2019「天気の子」製作委員会

今週の映画動員ランキングは、『天気の子』(東宝)が土日2日間で動員50万5000人、興収7億1800万円をあげ3週連続の1位を獲得。累計では動員433万人、興収59億円を突破。夏休み向け大作が次々と封切られる中、他を寄せ付けない強さを見せており、どこまで記録を伸ばしていけるのか注目だ。

大ヒットシリーズ「ワイルド・スピード」の最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(東宝東和)は、土日2日間で動員33万1000人、興収5億400万円をあげ2位に初登場。初日から3日間の累計では動員47万6000人、興収7億1200万円をあげるヒットスタートを切った。

3位には、土日2日間で動員30万5000人、興収4億1000万円をあげた『トイ・ストーリー4』(ディズニー)がランクイン。先週からワンランクダウンするも累計では動員512万人、興収67億円を突破し、歴代興収TOP100入りを果たしている。

ほか新作では、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(東宝)が土日2日間で動員21万5000人、興収3億900万円をあげ 4位でスタートを切った。

既存作品では、8位の『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(東宝)が累計で興収20億円を、10位の『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』(松竹)が興収12億円を突破。9位の『アラジン』(ディズニー)は113億円を突破し、歴代興収23位まで順位をあげている。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com