『ライオン・キング』2週目で首位に!『天気の子』はまもなく100億!【映画ランキング】

先週末(2019年8月17日〜18日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(↑)『ライオン・キング』

2位(↑)『天気の子』

3位(↓)『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』

4位(→)『トイ・ストーリー4

5位(↓)『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

6位(→)『ペット2』

7位(↑)『アルキメデスの大戦』

8位(↑)『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』

9位(↓)『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』

10位(↓)『ダンスウィズミー』

 © 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

今週の映画動員ランキングは、先週2位でスタートを切った『ライオン・キング』(ディズニー)が土日2日間で動員42万4000人、興収6億2800万円をあげ首位を獲得した。3連休でお盆休みでもあった先週土日と比較しても、動員比で85.3%、興収比で86.2%と落ちの少ない興行を続けており、累計では動員236万人、興収33億円を突破している。

2位には土日2日間で動員38万4000人、興収5億3300万円をあげた『天気の子』(東宝)がランクイン。累計では動員717万人、興収96億円を突破しており「ジュラシック・ワールド」を抜いて歴代興収ランキング38位まで記録を伸ばしている。

先週首位でスタートした『劇場版 ONE PIECE STAMPEDE』(東映)は、土日2日間で動員32万3000人、興収4億5000万円をあげるも3位にランクダウン。しかしながら累計では間もなく動員250万人、興収33億円に達する勢いだ。

4位から9位までは若干の順位の入れ替えはあるものの先週と同じ作品がしのぎを削る結果となった。土日2日間で動員20万人、興収2億6200万円をあげた『トイ・ストーリー4』(ディズニー)は、4位をキープ。累計では動員679万人、興収87億円を突破し、歴代興収ランキングでは「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」に次ぐ56位まで順位をあげている。5位の『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(東宝東和)も、土日2日間で動員13万8000人、興収2億700万円をあげ、その順位をキープ。累計では動員164万人、興収23億円を突破した。

ほか既存作品では6位の『ペット2』(東宝東和)が動員140万人、興収16億円を、7位の『アルキメデスの大戦』(東宝)が動員124万人、興収15億円を、8位の『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』(東宝)が動員216万人、興収26億円を突破している。

新作では「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」など独自のコメディ映画を発信してきた矢口史靖監督の最新作『ダンスウィズミー』(ワーナー)が10位でスタートを切った。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com