山崎まさよし主演『影踏み』本予告&本ポスター|書き下ろし主題歌も解禁!

【公開情報・本予告・本ポスター・主題歌】
『影踏み』
11月15日(金)全国ロードショー/11月8日(金)群馬県先行公開

山崎まさよし主演の映画『影踏み』が、11月15日(金)より全国公開することが決定。本予告とポスタービジュアル、主題歌が解禁された。

本作はは「64-ロクヨン-」「クライマーズ・ハイ」などで知られるミステリー界の巨匠・横山秀夫の「影踏み」(「祥伝社文庫」)の映画化。警察小説の旗手である横山作品の中でも犯罪者側を主人公にした異色の犯罪ミステリーだ。

深夜に寝静まった民家を狙い現金を盗み出す忍び込みのプロ<ノビ師>という、孤高の泥棒を山崎が演じる。証拠も残さず決して口を割らない、その高く強固な壁を思わすしたたかさかから、名前をもじって“ノビカベ”とあだ名される凄腕の泥棒。

そんな主人公・真壁修一(山崎まさよし)は、ある日忍び込んだ先で偶然遭遇した事件をきっかけに逮捕されてしまう。2年後、刑期を終え出所した修一は、まだ自分が逮捕された事と、あの時遭遇した事件に対しての疑惑を抱えていた。何故あの日の侵入がバレていたのか?そして、あの時侵入した家の寝室で夫を殺そうとしていた女(中村ゆり)の行方は…。

14年ぶりの主演映画を務める山崎の脇を固めるのは、日本映画界を代表する俳優陣。修一の恋人・久子を演じる尾野真千子、弟・啓二を演じた北村匠海をはじめ、事件の鍵を握る女を中村ゆり、さらに竹原ピストル、中尾明慶、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶといった若手からベテランまでの豪華な顔ぶれがキャスティングされた。監督は、篠原哲雄が務める。

解禁された映像からも、愛憎だけでなく怒りや悲しみを爆発させた俳優陣渾身の演技から、この犯罪ミステリーの中に描かれた人間ドラマに期待感が煽られる。そして、主演をつとめる山崎が本作のために書き下ろした同名主題歌「影踏み」も初解禁。

主題歌「影踏み」(EMI Records)は、山崎が撮影中に役を演じながら制作をはじめ、エンドロールで流れるこの主題歌までが1つの作品になるようにイメージしてつくられた。主人公の揺れ動く繊細な感情と奥深い人間ドラマを想起することができ、悲哀と力強さのこもったこのミディアムバラードはまさに作品と一体になった楽曲に仕上がっている。

ストーリー

単なる「空き巣」ではなく、深夜に人の居る住宅に侵入し盗みを働く、通称「ノビ師」と言われる泥棒。寝静まった民家を狙い“現金”を盗み出す忍び込みのプロで、その中でも真壁修一(山崎まさよし)は一線を画すスゴ腕のノビ師。証拠も残さず決して口を割らない、その高く強固な壁を思わすしたたかさから、いつしか警察からは「ノビカベ」とあだ名された。ある夜、修一は侵入した稲村邸の寝室で、夫の寝ている側に火を放とうとする妻・葉子(中村ゆり)の姿を目撃する。咄嗟の行動で放火現場を止めに入ったが、その直後、修一は逮捕される。2年後、刑期を終えた修一を迎えてくれたのは弟・啓二(北村匠海)、そして恋人の久子(尾野真千子)だけ。ただ、修一の頭にはこの2年ずっと気がかりなことがあった。何故、あの日の侵入がバレていたのか?何故、自分だけが逮捕されたのか?そして、あの時夫を殺害しようとしていた妻・葉子の行方は…。

公開情報

『影踏み』
◆出演:山崎まさよし 尾野真千子 北村匠海  中村ゆり 竹原ピストル 中尾明慶 藤野涼子 下條アトム 根岸季衣 大石吾朗 高田里穂 真田麻垂美 田中要次 滝藤賢一 鶴見辰吾 /大竹しのぶ
◆原作:横山秀夫「影踏み」祥伝社文庫)
◆監督:篠原哲雄 ◆脚本:菅野友恵 ◆音楽:山崎将義 ◆配給:東京テアトル
◆コピーライト:© 2019「影踏み」製作委員会

他の記事も読む

関連記事

美しく、彩り鮮やか 春におすすめしたい3本の映画《ここに、映画という拠り所。》その4
「君の名は。」など、アーティストと組んで広がる「映画音楽の世界観」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com