『九月の恋と出会うまで』高橋一生、川口春奈のW主演で映画化決定!

(C)松尾由美/双葉社

“書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた「九月の恋と出会うまで」の実写映画化が決定、2019年公開となる。

小説家を目指している営業マンで、マンションの隣人・志織と一緒に未来から聞こえる声の主を探すことになる平野進(ひらのすすむ)を演じるのは高橋一生。

部屋の壁から「1年後の未来にいる」と言う男の声に話しかけられ、現在の平野を尾行することになるOL・北村志織(きたむらしおり)を演じるのは、川口春奈。

実力派2人のW主演による純愛ラブストーリーが誕生する。

 (C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

高橋一生(37)コメント

「僕はいま37歳で、この先こういった恋愛映画に出演する機会も少なくなるかと思い、ぜひこの役をやらせていただきたいと思いました。川口さんはお芝居のバランス感覚がとても敏感な方だと思ってお芝居を見ています。人が人を想うことは、ある意味ファンタジックなことだと思うので、その部分をしっかりと描いてお芝居ができたらと思っています。」

川口春奈(23)コメント

「私は高橋一生さんと共演をしたいとずっと思っていたので、この作品でご一緒できることが本当に嬉しかったです。脚本を読んでいても、平野さんと志織はどうなっていくんだろうと純粋に思えましたし、タイムリープというファンタジーな設定もあるのですが、恋愛映画ですので、志織を可愛く生き生きと演じて、幅広い世代の方に楽しんでもらえる作品にしたいと思っています。」

プロデューサー・星野恵 コメント

「好きな人なら“ずっと一緒にいたい“と思うのは当然のことですが、本当に好きな人なら自分が隣にいられなくても、その人が幸せであれば、それでいいと思えてしまう。そんな、自分より大切に想える相手と出逢うこと自体が奇跡だと思うのですが、本当に人を想うってこういう事だなぁと感銘を受け、この原作を映像化したいと思いました。

高橋さん演じる平野という役は様々な物事に独自の考え方やこだわりがあって、常に真を追求する人。実は熱い想いが渦巻いているのに、それを表に出さないことを美徳としているだけに誤解されやすく、一見、変な人だけど、愛らしい一面が垣間見える。この複雑な役を考えた時、高橋一生さんしか考えられませんでした。

入り口はファンタジーですが、大人の鑑賞に堪える普遍的な純愛ラブストーリーにしたかったので、自然で説得力があり、観る人を瞬時に引き込む、お芝居をされる高橋さんに、演じていただきたいと思いました。

川口さん演じる志織は、1年後の未来から来たという声の主を探すため、平野と行動を共にするうちに惹かれあっていく役ですが、自然体な演技に定評があり、男性に媚びない芯の強さがあって、女性ファンが多い川口春奈さんに是非、演じていただきたいと思いました。

私を含め、多くの女性達は、自分が一途に想える“本当に好きになれる人“を探していると思いますし、自分を一途に想ってくれる人を探していると思います。そんな全ての女性たちの欲求を満たす、大人のラブストーリーにしたいと思っています。」

ストーリー概要

風変わりなマンションに引っ越した北村志織(川口春奈)。

隣の部屋にはちょっと不思議な雰囲気をまとった小説家志望の男・平野進(高橋一生)が住んでいた。

ある夜、志織は部屋の壁から「1年後の未来にいる」と言う男の声に話しかけられ、平野の尾行を頼まれるのだが、ある事件が起こり――。

その日を境に聞こえなくなった声の謎を解くため、平野と一緒に行動を共にするうちに、2人はお互いに惹かれあっていく。

未来からの声はある想いが生んだ【奇跡】だった。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com