2017年上半期韓国動員1位!『コンフィデンシャル/共助』の特報・ティザー解禁!

(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

2017年上半期韓国映画動員数ナンバー1となった『コンフィデンシャル/共助』の特報・ティザービジュアルがこの度解禁された。

このニュースのポイント

・『コンフィデンシャル/共助』が2018年2月に公開

・特報・ティザービジュアルがこの度解禁

・韓国において動員数781万人を記録し、2017年上半期韓国映画動員数ナンバー1を記録

他のニュース記事も読む

『コンフィデンシャル/共助』は韓国において動員数781万人を記録し、2017年上半期韓国映画動員数ナンバー1。第21回ファンタジア国際映画祭で最優秀アクション賞を受賞したメガヒットアクションエンターテインメント。2018年2月にTOHOシネマズ 新宿ほかにて全国公開することが決定した。

『コンフィデンシャル/共助』ストーリー概要

北朝鮮の刑事イム・チョルリョン(ヒョンビン)はアメリカドルの偽札を作る犯罪組織を逮捕する任務を遂行中、上司チャ・ギソン(キム・ジュヒョク)の裏切りにより仲間と妻を殺されてしまう。組織は偽札を作る銅版を奪い、韓国へと逃亡。それが明るみに出ると世界を揺るがす危機に発展するため、銅版を秘密裏に取り返さなくてはならない北朝鮮はチョルリョンをソウルに派遣する。国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は庶民派熱血刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)を任務にあたらせ、歴史上初の“南北共助捜査”を極秘に契約する。しかし、韓国は北朝鮮の真の思惑を探るべく捜査を偽装してジンテにチョルリョンの密着監視を命じていた。かくして出会うはずのなかった刑事コ
ンビはそれぞれの思惑を持ちつつ凶悪な犯罪組織との戦いに身を投じていく―。

スタイリッシュなアクションで魅せるのは『愛してる、愛してない』、『王の涙 -イ・サンの決断-』を代表作にもち日本でも圧倒的人気を獲得したヒョンビン、上司の裏切りにより妻と仲間を殺され、復讐に燃える北朝鮮の最強エリート刑事イム・チョルリョンを演じる。

そして『ベテラン』、『LUCK-KEY/ラッキー』など韓国の名優ユ・ヘジンが韓国側の庶民派熱血ダメ刑事カン・ジンテを好演。また冷酷無慈悲な犯罪組織のリーダーに『ビューティー・インサイド』のキム・ジュヒョク、最強エリート刑事に恋心を抱くダメ刑事の義妹を少女時代のユナが演じ、劇場映画としては初出演を果たす。

今回ヒョンビンが初めて挑むアクションを含む特報が解禁された。

この度、解禁となる特報映像では、ヒョンビン扮する北朝鮮のイケメンエリート刑事とユ・ヘジン扮する韓国の熱血刑事が出会うシーンから始まり、ヘジンの馴れ馴れしい挨拶に対してヒョンビンが手を捻り上げるという対照的な2人がコミカルに表現されている。

北と南が協力する“南北共助捜査”で繰り広げられるのは車が横転するといったハリウッドクラスのド派手なカーチェイス、車から身を乗り出しながらの銃撃戦や屋上からワイヤーで飛び降りるといったアクロバティックアクション、そして手に汗握るロシアの軍隊格闘術システマでの接近戦。

今作でアクションに初めて挑んだヒョンビンは、北朝鮮式のイントネーションやシステマを習い、アクションが初めてとは思えないほどの身のこなしを披露。多対一の状況で敵をなぎ倒し、蛍光灯に敵を突っ込ませる過激シーンもお披露目に。ヒョンビンがあっけにとられるヘジンの肩を叩こうとするとビクッと反応してしまうシーンで幕を閉じる。

『コンフィデンシャル/共助』が2018年2月に日本公開。

関連記事

韓国映画『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』意外な展開に賛否両論の本作。その真のテーマとは?
韓国映画には復讐大喜利を考える人がいるはず
韓国映画『哭声/コクソン』で、国際スターとして本領発揮した名優・國村準!
騙し合いと裏切りが絡み合う『お嬢さん』は、韓国映画の美しき伝統〝女の復讐劇〟を蘇らせる
『新感染』はジャンル映画の盲点を突きまくる、ゾンビ・感染物映画の新境地

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com