『荒野にて』邦題・公開日決定&場面写真解禁!アンドリュー・ヘイ監督最新作

© The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2017

『さざなみ』のアンドリュー・ヘイ監督最新作『LEAN ON PETE(原題)』の邦題が『荒野にて』に決定し、2019年4月12日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷 他にて全国順次公開。場面写真が解禁となった。

母に捨てられ、経済力も教養もないが愛情だけは溢れていた父を突然亡くし天涯孤独となった15歳の少年チャーリー。唯一心の拠り所は厩舎で世話をする一頭の老いた競走馬ピートだった。しかしそんなピートまでもが殺処分になる運命を知ったとき、彼はひとり馬を連れ、先の見えない荒野へと一歩踏み出す―。

© The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2017

チャーリー役を務めた主演チャーリー・プラマーは少年が抱く孤独、やり場のない痛みを瑞々しく演じ、第74回ヴェネチア国際映画祭にてマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した若き期待の新星。スティーヴ・ブシェミ、クロエ・セヴィニーら個性派俳優と共にヘイ監督の世界を創り上げていく。

© The Bureau Film Company Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2017

彼が行く荒々しくも荘厳なまでに美しいアメリカ北西部の大自然はまさに人生そのもの。無垢な少年は厳しい現実を突き付けられながらも一歩一歩と前へ進んでいく。その姿をアンドリュー・ヘイが力強く、リアリティを以て描き出した、心に感動を刻む珠玉の人間ドラマがここに誕生した。 

ストーリー概要

小さい頃に母が家出し、愛情深いがその日暮らしの父と二人暮らしのチャーリー。家計を助けるために競走馬リーン・オン・ピートの世話をする仕事を始めるが、ある日父が愛人の夫に殺されてしまう。15歳で天涯孤独になってしまったチャーリーの元に、追い打ちをかけるように届いたのは、試合に勝てなくなったピートの殺処分の決定通知だった。チャーリーは一人馬を連れ、唯一の親戚である叔母を探す旅に出るが、彼らの前に広がるのは、あまりに広い荒野だった―。

関連記事

『ゲティ家の身代金』公開記念!ハリウッドが誇るオーバー70の巨匠監督特集
『ゲティ家の身代金』世界一の大富豪ジャン・ポール・ゲティが語った“金”にまつわる名言集

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com