谷花音、人魚になる。『夜明け告げるルーのうた』特報

湯浅政明監督による初めての完全オリジナル劇場アニメ作品『夜明け告げるルーのうた』の特報映像が解禁となった。

映画『夜明け告げるルーのうた』特報解禁!

夜明け告げるルーのうた メイン

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイ(CV:下田翔大)は、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルー(CV:谷花音)が3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に 大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか――

夜明け告げるルーのうた サブ5

映画『夜明け告げるルーのうた』は、『マインド・ゲーム』『夜は短し歩けよ乙女』の湯浅政明監督による初の完全オリジナル劇場アニメ作品。本当の気持ちを伝えることの大切さをテーマに、人魚の少女と少年の出会いと別れを描く。

夜明け告げるルーのうた サブ1

人魚の少女・ルー役を、テレビドラマ、映画、舞台と幅広く活躍する注目の子役で、『君の名は。』など声優としても活躍する谷花音、ルーと出会う、少年・カイ役を『世田谷区、39丁目』『くちびるに歌を』の下田翔大が演じるほか、篠原信一、柄本明、斉藤壮馬、寿美菜子、千鳥の大悟とノブらが出演する。

このたび本作の特報映像が解禁となった。

夜明け告げるルーのうた サブ3

映像では、ビビットでカラフルな色彩、滑らかなカメラワーク、そして主題歌である斉藤和義の「歌うたいのバラッド」がフィーチャーされ、湯浅政明監督ならではの音楽と映像センスを感じることができるものに仕上がっている。

さらにシネマズには、谷花音、下田翔大、篠原信一からのコメントも到着している。

谷花音/ルー役

私が演じた人魚・ルーは、天真爛漫で、歌とダンスが大好きなキャラクターです。友達と一緒に力をあわせて、海の仲間を助ける友情もありますし、ルーをはじめ、かわいい海の仲間たちがたくさん登場しますので、ぜひ見てください!

下田翔大/カイ役

僕が演じたカイは、思春期特有の恥ずかしさによって“本当の気持ち”を素直に伝えることができない中学生です。もやもやした気持ちがとても繊細に表現されていて、きっと共感していただけると思います。そんなカイが、歌によって心を開いていく姿をぜひ見ていただきたいです!

篠原信一/ルーのパパ役

この映画は、やはり親子愛ですね。実の娘を思う気持ち、ルーを思う気持ちで、そのまま演じました!花音ちゃん、下田君のふたりは本当に上手ですね!ふたりがそのまま映画のキャラクターになったようで、ぴったり!私もパパ役として楽しく参加させてもらいました。

夜明け告げるルーのうた ポスター 公開日

映画『夜明け告げるルーのうた』は2017年5月19日(金)、全国ロードショー。

画像ギャラリー

(C)2017ルー製作委員会

関連記事

星野源の“先輩”、アジカン主題歌にのせ。90秒予告解禁
米林宏昌監督最新作、ヒロインに杉咲花
シロクマの恋、恐怖に震えるアザラシ…「恋するシロクマ」ぷちアニメ化決定
『この世界の片隅に』が好きな人に観てほしい5つのアニメ映画
『君の名は。』が大傑作となった7の理由

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事