今度の敵はMEG!最強すぎるステイサムが挑んできたミッション・インポッシブルを振り返る!

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

2018年9月7日(金)公開の海洋パニック・エンターテイメント『MEG ザ・モンスター』で、超巨大ザメ“MEG(メグ)”を退治するミッションに挑むジェイソン・ステイサム。これまで数々のミッション・インポッシブルに挑んできたジェイソン・ステイサムの出演映画を紹介する。

ミッション:人身売買組織を壊滅せよ!
『トランスポーター』(2002)

トランスポーター [Blu-ray]

リュック・ベッソンが製作・脚本を務めたカーアクション映画。“契約厳守”“名前は聞かない”“依頼品は開けない”という3つのルールの下、高額な報酬と引き換えにどんなモノでも正確に目的地まで運ぶプロの運び屋、フランク(ステイサム)。ある日、いつも通り依頼をこなすフランクだったが、道中で荷物に不審を感じて、自らのルールを破って依頼品のバッグを開けてしまう。すると、そこには手足を縛られた中国人女性が入っていた。

スタイリッシュなアクションとカースタントで人気を博したシリーズ第一作である本作では、自ら課したルールを破ったことから人身売買組織に命を狙われてしまう。しかしフランクは動揺を見せることもなく、逆に相手を返り討ちに。なんと単身で組織を壊滅に追いやってしまう。実は俳優になる前は、水泳飛び込みのイギリス代表選手で、アスリートとして活躍していたステイサム。この作品で持ち前の高いアクションスキルを披露したステイサムは、一躍アクションスターの仲間入りを果たすことになる。

ミッション:犯罪組織の陰謀を暴け!
『メカニック』(2011)

メカニック [Blu-ray]

『トゥームレイダー』のサイモン・ウェスト監督とタッグを組んだ、1972年公開の同名映画のリメイク作品。いかなる殺しも事故に見せかけて遂行する凄腕の暗殺者(=メカニック)のビショップ(ステイサム)は、犯罪組織から友人マッケンナの殺害を指示され、やむを得ず依頼を遂行する。しかし、自分が組織によって企てられた計画に利用されていたことを知り、弟子入りを志願してきたマッケンナの息子と共に、陰謀の解明に奔走することに――。

腕利きの暗殺者に扮したステイサムは、様々なシチュエーションで暗殺ミッションに挑戦。水中に潜みプールで泳ぐターゲットに接近したり、ホテルの壁を登ってターゲットの部屋に潜入したり、手際よくスマートに任務を達成していく。しかし組織との争いが熾烈になるにつれ、戦闘は暗殺者同士の戦いとは思えない派手なものに。どんなに大人数を相手にしても揺るがないステイサムの最強っぷりは必見。

ミッション:『ワイスピ』ファミリーの危機を救え!
『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)

ワイルド・スピード ICE BREAK ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ド派手なカーアクションで人気の『ワイスピ』こと『ワイルド・スピード』シリーズの第8作。謎のサイバーテロリストの手引きにより、固い絆で結ばれていたはずのファミリーを裏切ったドミニク。彼を取り戻すため、ファミリーは最大の敵デッカード・ショウ(ステイサム)と手を組むことに…。
 
前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』で、最強の敵としてファミリーを苦しめたデッカードが本作ではファミリーの危機を救うために頼もしい味方として大活躍。ステイサムならではのスピード感あふれる格闘シーンは、『ワイスピ』シリーズに新たな魅力をもたらしている。敵陣に乗り込み仲間の赤ちゃんを救出したシーンでは、泣く子も黙る形相で敵を圧倒しつつ、時折赤ちゃんに優しく声をかける気遣いも忘れないステイサム。最強の男の父性を垣間見ることができた。さらに、全アクション映画ファンが歓喜したに違いないのが、シリーズの人気キャラクター、ホブスを演じるドウェイン・ジョンソンとの共闘シーン。最強同士の夢のタッグは多くのファンの心を掴み、シリーズ初のスピンオフ作品『Hobbs and Shaw(原題)』の製作が決定している。

ミッション:超巨大ザメ“MEG”を退治せよ!
『MEG ザ・モンスター』2018年9月7日(金)公開

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

地球で最も深い海とされる“マリアナ海溝”を超える深海が発見された。この人類未踏の地で海洋探査チームが発見してしまったのは、200万年前に絶滅したはずの超巨大ザメ“MEG”(メガロドン)だった。MEGは全長23メートル、体重20トン、歯の大きさは25センチという想像を絶する巨体を誇る。その大きさは都内を走る路線バス2台分の長さと同等。深海から目覚めたMEGは人類に牙をむき、恐怖の渦に陥れる。果たして人類はこの恐怖に立ち向かうことができるのか――。

全米では8月10日に公開され、週末(8月10日~12日)で約4,450万ドルの興行収入をあげて初登場1位を獲得。2位の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の興行収入3週連続首位を阻止し、『レディ・プレイヤー1』『オーシャンズ8』を超えて2018年公開のワーナー映画で週末ランキング圧倒的No.1を叩き出した。全世界42カ国でも同日公開され、28カ国でNo.1スタートを切って世界的に大ヒットを記録中。ジェイソン・ステイサム主演作の中でも最大のヒット作品となった。

これまで数々の映画で困難なミッションに挑み、不可能を可能とすることで自らが最強の男であることを証明してきたステイサム。しかし、本作では実在した超巨大ザメ、メガロドン“MEG(メグ)”に挑むという、これまでとは比べ物にならない最高難度のミッションに挑戦。果たしてステイサムにミッション・インポッシブルは存在するのか…?最強の男も最恐の海洋生物“MEG”を前に今回ばかりはどうなるか分からない。果たしてMEGから逃げ切ることはできるのか。その結末は映画館で見届けよう。

映画『MEG ザ・モンスター』は、2018年9月7日(金)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

ストーリー概要

人類未踏の地とされる「マリアナ海溝」を超える深海が発見された。沖合に海洋研究所を構えた探査チームが最新の潜水艇で深海へと繰り出す。生物がほとんど存在しない冷たい深海の海域を超えると、そこには温かな海域が存在し、幻想的な未知の生物世界が広がっていた。世紀の発見に心を躍らす研究チームだったが、巨大な“何か”に襲われ、身動きがとれなくなってしまう。深海レスキューのプロである、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)を救助に向かわせるが、彼の目に飛び込んできたのは200万年前に絶滅したと思われていた実在する巨大ザメ“メガロドン”だった――!!

関連記事

可愛すぎるステイサムvs巨大ザメのイラスト!『MEG ザ・モンスター』×人気イラストレーターがコラボ
夏だ!海だ!サメだ!『ジョーズ』から『MEG ザ・モンスター』まで海洋パニック映画を紹介!
巨大ザメが平和なビーチを恐怖のどん底に…!ステイサム主演『MEG ザ・モンスター』予告編が到着!
『ワイルド・スピード ICE BREAK』感想!何なんだこれは!?
『ワイルド・スピード』より偏差値の低いバイク映画があるだって?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com