パトリック&ベラ、相思相愛発言!『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』キャスト&監督が語るフィーチャレット映像解禁

© 2017 MIDNIGHT SUN LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

5月11日(金)全国公開の映画『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』(配給:パルコ)。この度、豪華キャスト陣が作品について語っている貴重なインタビュー内容を収録したフィーチャレットが解禁となった。

本作は2006年に日本で生まれたYUI主演の大ヒット作『タイヨウのうた』のハリウッドリメイク版。
太陽の光にあたることができず夜しか外出できないケイティ(ベラ・ソーン)と、怪我によって夢を諦めてしまった水泳部のチャーリー(パトリック・シュワルツェネッガー)。ある夜、彼女の歌をきっかけに2人は出会い、急速に惹かれあう。恋する勇気がもらえる、感涙ラブストーリーだ。

解禁されたフィーチャレットにはキャスト・監督のコメントほか撮影風景が収録されている。
ベラ・ソーンは「珍しい病気を持つ女の子の話なの」と自身が演じたケイティについて説明し、パトリック・シュワルツェネッガー演じるチャーリーとの運命の出会いを「ある晩出会った瞬間に火花が散るの」と表現した。パトリックは「脚本がすごくいいんだ」と大絶賛。「チャーリーが自分の人生を見つけたり、ケイティに新しい人生を与えるところがね」とチャーリー役の魅力について語る。

さらに、現場の和気藹々とした雰囲気が伝わる撮影風景ほか、ケイティ役ベラ・ソーンが歌う本作の主題歌「Burn So Bright」の歌唱シーンも公開されている。スコット監督は「音楽を通してキャラクターを作り上げるのは楽しかったよ」と音楽の重要性について言及。また映像ではベラとパトリックが親しげに密着しており、パトリックの華麗な腹筋が垣間見れるオフショットも公開される。

「ケイティ役はベラ以外考えられないな」とパトリックに言わしめたベラの演技にも注目だ。一方ベラも「パトリックの演技は最高」と相思相愛で互いに褒め合っている。スコット監督は息のあった2人が織りなす本作について「この素晴らしいラブストーリーにきっとハマるはず」と自信をのぞかせた。そしてパトリックは「何を信じるのかを見つける作品なのだ」と力強いメッセージについても触れている。父親役を好演した名コメディ俳優ロブ・リグルも「愛する人がいるなら共感するはず」と真剣な表情で魅力について話す。最後にケイティが発する「ずっと肌で感じたかった」という言葉の意味とは…。

ストーリー概要

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー
17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく。

関連記事

『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜』よりディズニーチャンネル出身女優ベラ・ソーンが熱唱する日本版予告が解禁!
コメディ俳優に泣かされる!『ミッドナイト・サン 〜タイヨウのうた〜 』ロブ・リグルの場面写真&エピソード解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com