「マイティ・ソー」最新作、日本公開日が決定!ティザー予告も解禁

「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオ最新作、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(原題:THOR RAGNAROK)の日本公開日が、2017年11月に決定。あわせて日本版のティザー予告映像が解禁された。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』公開日決定&日本版ティザー予告映像解禁!

アベンジャーズの一員として、地球を守るため戦ってきたソー。彼の前に突如現れたのは、史上最強の敵だった!そいつは、アベンジャーズのメンバーですら持ち上げることができないソーの最強の武器ムジョルニアをいとも簡単に破壊すると、圧倒的なパワーでソーを宇宙の果てに弾き飛ばしてしまう。遠く離れた星で囚われの身となったソーが、脱出するためには、この星で絶対王者として君臨するチャンピオンとの1対1の命がけの戦いに勝たなければならない!だが、ソーの目の前にチャンピオンとして現れたのは…かつて共に闘った仲間のハルクだった――

マイティ・ソー バトルロイヤル ティザービジュアル

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、マーベル・コミックの「マイティ・ソー」の実写映画化作品で『マイティ・ソー』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の続編となるシリーズ第3作。また、マーベル・コミックの作品を、同一の世界観でクロスオーバー作品として扱うマーベル・シネマテック・ユニバース[フェーズ3]の第5弾にして、2018年に公開が予定されている『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』(原題)へ続く作品となる。

本作のアメリカ版予告は、解禁から24時間の再生回数が『美女と野獣』の1億1240万回、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の1万1200回を超え、マーベル作品歴代最高となる1億3600万回を記録し、注目を集めている。

主人公のソーを務めるのは、クリス・ヘムズワース。前作に引き続き、トム・ヒドルストン、アンソニー・ホプキンスらが名を連ねるほか、ソーの武器・ムジョルニアを破壊する史上最強の敵・ヘラを、本作のためにブラジリアン柔術・カポエイラを習得したというケイト・ブランシェットが演じる。メガホンを取るのは『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のタイカ・ワイティティ監督。

このたび、本作の日本公開日が全米と同じ2017年11月に決定。あわせて解禁された日本版のティザー予告映像では、短髪となったクリス・ヘムズワース演じる主人公・ソーや、ケイト・ブランシェット扮する邪悪な敵・ヘラ、チャンピオンとして武装したハルクらの姿を確認することができる。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、2017年11月3日(金・祝)公開。

(C)Marvel Studios 2017

関連記事

マーベル初夏のアメコミ映画まつり第一弾!「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」
『スパイダーマン:ホームカミング』新予告、解禁!
アメコミ映画は日本でも、ヒット・ジャンルになるか?(前篇)
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「デッドプール」
実写版『美女と野獣』新曲「ひそかな夢」吹替版映像
字幕派の私が『SING/シング』を吹替版を観たらド肝を抜かれた話

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事