夏が待ちきれない!『ミッション:インポッシブル』最新作ほか、夏のアツい大作映画を特集!

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

梅雨入りを迎え、いよいよ夏の到来が近づいてきた2018年。『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(8月3日公開)を始め、例年以上に盛り上がりを見せている今夏の大作映画をご紹介する。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
8月3日(金)公開

© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

トム・クルーズが伝説的なスパイ、イーサン・ハントを演じる大人気アクション映画『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作でありシリーズ第6弾。

“フォールアウト=放射性降下物/副産物/予期せぬ余波”という様々な意味を持つタイトルの意味と、これまでイーサンが挑んだミッションすべてが本作に繋がり、さらなるストーリーの拡がりに期待が高まる本作。パリ・凱旋門前を颯爽と駆け抜ける“バイクアクション”、2017年の撮影中のアクシデントにより骨折を負ったことが大々的に報じられるも、見事な回復力によって驚異的なスピードで撮影を再開して大きな話題をさらった“ビルジャンプ”、2000時間の飛行訓練の末にトム自ら“ヘリコプター”を操縦して上空で展開する“超絶ヘリスタント”が展開され、世界を驚かせ続けるド迫力のアクションは本作でも健在。

CG技術の進歩によって実現する作品群の魅力もさることながら、トム自身がノースタントで挑み続ける『ミッション』の本物ド迫力アクションが世代、性別を超えて老若男女の心を惹きつけている。世界を驚かせ続ける本シリーズの集大成とも言える本作は、「日経エンタテインメント!」2018年6月号(5月2日発売)に掲載された「今年一番見たい映画人気ランキング」で、強烈なラインナップの中でトップに君臨した。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
6月29日(金)公開

(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved

『スター・ウォーズ』シリーズ屈指の人気キャラクターであるにも関わらず、ダース・ベイダーやルーク・スカイウォーカーのように特別な力(フォース)を持つわけではない。だが、予測不可能な大胆さで、あらゆる世代を魅了し続ける男、ハン・ソロ。“愛すべき悪党”ハン・ソロはいかにして銀河最速のパイロットになったのか?ルークとレイアに出会う前の、若き日のハン・ソロの知られざる過去を描く全世界待望のアナザー・ストーリー。生涯の相棒チューバッカや愛機ミレニアム・ファルコンとの出会いと絆、そしてこれまで語られたことのないロマンス…かつてない冒険に満ちたアクション・エンターテイメントが誕生する。

若き日のハン・ソロを演じるのは、コーエン兄弟の『ヘイル、シーザー!』で脚光を浴びた新星オールデン・エアエンライク。『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズなどの名匠ロン・ハワードが監督を務める。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)公開

(C)Universal Pictures

“恐竜”にスティーヴン・スピルバーグが命を吹き込み、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ。2015年には『ジュラシック・ワールド』として新たにスクリーンに登場し、メガ・ヒットを記録。『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年、シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開される。

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける。

前作に引き続き、主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投。監督は『怪物はささやく』でゴヤ賞9部門を受賞したハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナ。製作総指揮・脚本を務めるのは、前作の監督、コリン・トレボロウで、スティーヴン・スピルバーグが共に製作総指揮を務めている。

『BLEACH』
7月20日(金)公開

©久保帯人/集英社 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会

高校生が死神になるという斬新な設定と、二次元の枠を超越したアクションで世界中にて圧倒的な支持を集めるコミック「BLEACH」。「週刊少年ジャンプ」で2001年から連載を開始し、全74巻で全世界シリーズ累計発行部数は、なんと1億2,000万部。「週刊少年ジャンプ」を代表する金字塔「BREACH」が今夏、『アイアムアヒーロー』などの佐藤信介監督のメガホンで映画化される。

幽霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護が、死神を名乗る謎の女・朽木ルキアから力を譲り受け、死神を代行するハメになる。家族と仲間を守るため、人間の魂を喰らう悪霊=虚<ホロウ>と死闘を繰り広げる一護だったが、想像を絶する運命が待ち受けていた――。

主人公・黒崎一護を演じるのは、数々のヒット作に主演し続ける福士蒼太。今作では、激しいアクションや斬り合いをこなすだけでなく、鬼気迫る表情で何度でも敵に立ち向かう一護を体現し新境地を切り開いた。人間を襲う悪霊:虚<ホロウ>を唯一斬ることができる死神という存在で、黒崎一護とともに行動することになる朽木ルキアを女優・杉咲花が演じるほか、共演に、吉沢亮、早乙女太一、MIYAVI、江口洋介、長澤まさみ、田辺誠一らが名を連ねる。主題歌「Mosquito Bite」と挿入歌「MILK」の2曲を、[ALEXANDROS]が提供している。

『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』
7月27日(金)公開

(C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会

2008年7月期にフジテレビ系列で1st Seasonが放送され、平均視聴率、最高視聴率ともに同クール連続ドラマ内第1位を記録する大ヒットとなった連続ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。キャストは、主演の藍沢耕作を演じる山下智久をはじめ、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介の「コード・ブルー」とともに10年間走り続けてきた5名が引き続き出演するほか、2nd Seasonから彼らを見守る椎名桔平、3rd Seasonから登場の有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、成田凌、新木優子、馬場ふみか、安藤政信も勢揃い。誰一人欠けることの無い、あのメンバーがスクリーンで帰ってくる。

シリーズ最大のスケールとスペクタクルで描かれる大規模災害と、そこに巻き込まれた患者たちが織りなす感涙必至の人間ドラマ、そして10年間、多くの困難に立ち向かい互いを支え合ってきた藍沢ら5人が歩む、それぞれの旅立ちへの道とは――。

『銀魂2(仮)』
8月17日(金)公開

©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会

累計発行部数5,500万部以上、週刊少年ジャンプ(集英社刊)が誇る天下無敵の痛快エンターテイメント「銀魂」(原作:空知英秋)。福田雄一監督のもと、小栗旬を主演に、豪華キャストが結集し、2017年の実写邦画No.1の成績を記録する特大ヒットを飛ばした実写版『銀魂』の続編。

街には高層ビルが立ち並び、空には無数の宇宙船?!本作は宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどるパラレルワールドの江戸時代末期・かぶき町を舞台に、侍魂を堅持するちょっと変わった男・主人公の坂田銀時(小栗旬)と、ひょんなことから出会った志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)が営む“万事屋銀ちゃん”の周りで起こる様々な事件が描かれる、笑いあり、感動ありの物語。SFと時代劇がミックスされた混沌とした世界に、人情、笑い、そしてド派手なアクションが繰り広げられる天下無敵の痛快アクションエンターテイメント。パワーアップした『銀魂2(仮)』に期待がかかる。

『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』
8月24日(金)公開

(C)Universal Pictures

前作から10年を経て公開される続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』。ミュージカル映画史上No.2となる大ヒットを記録した『マンマ・ミーア!』は、ABBAのヒット曲で構成され、全世界でロングランヒットを記録した舞台の映画化。花嫁のソフィ(アマンダ・セイフライド)が、ヴァージンロードをパパと一緒に歩きたいと、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)に内緒で、結婚式に自分の父親かもしれない母親の元恋人3人を招待したことで巻き起こる大混乱を描いたミュージカル・ラブコメディ。

本作では、前作のその後の物語と、ドナがソフィの父親候補3人と出会った青春時代を中心に、過去と現在を行き来して、そこからどのように現在に繋がっているのかが描かれる。前作に続き、ドナ役をメリル・ストリープ、ドナの親友ロージー役とターニャ役をジュリー・ウォルターズとクリスティーン・バランスキーが演じる。アマンダ・セイフライドとドミニク・クーパーはそれぞれソフィ役とスカイ役、ピアース・ブロスナン、ステラン・スカルスガルド、コリン・ファースはソフィの父親候補である3人、サム役、ビル役、ハリー役に扮している。

前作のキャストに加え、若きドナ役にリリー・ジェームズ(『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』)が抜擢。また、若き日のロージー役とターニャ役をアレクサ・デイビーズ(『僕と世界の方程式』)とジェシカ・キーナン・ウィン(『Broadway’s Beautiful』)が、若き日のサム役をジェレミー・アーヴァイン(『戦火の馬』)、若き日のビルをジョシュ・ディラン(『マリアンヌ』)が、若き日のハリーをヒュー・スキナー(『マッド・ドライヴ』)がそれぞれ演じる。さらに、アンディ・ガルシアとシェールの出演も決定し、豪華な顔ぶれと共に、ギリシャの美しいカロカイリ島を舞台に、「ダンシング・クイーン」をはじめとする前作でおなじみのナンバーと、前作とはまた違うABBAの楽曲の数々で新しい物語が紡がれる。

関連記事

『ミッション:インポッシブル』最新作、森川智之ほかお馴染み吹替チームが続投決定!
『ジュラシック・ワールド』研究者クレアが恐竜保護団体“DPG”を立ち上げ!新作に繋がるヒントも?
Huluで『スター・ウォーズ』6作品を期間限定で一挙配信!
あの『マンマ・ミーア!』が帰ってくる!『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』8月日本公開決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com