『彼の見つめる先に』、瑞々しく美しい場面写真が解禁!

2015年のアカデミー賞外国語映画賞ブラジル代表作品にも選ばれた『彼の見つめる先に』が、満を持して2018年3月10日(土)より全国順次公開となる。

今回劇中の瑞々しく美しい場面写真が解禁された。
※記事の最下部に一覧を表示。

人を好きになる気持ち、自我の芽生え、そしてはじめてのキス。大人の入り口に立つティーンエイジャーの揺れ動く感情を、サンパウロの降り注ぐ日差しの中でみずみずしく映し出した青春映画である本作。

思春期特有の言葉にできない気持ち。そして人生を鮮やかに変えていく、かけがえのない出会い。ベル・アンド・セバスチャンの名曲「トゥー・マッチ・ラヴ」に乗せて綴られる、ひと夏の物語。そんな誰もが経験する/経験したであろう、“煌めき、悩み、反抗し、そして恋する”ティーンエイジャーの心情が、「自分に自信を持っていいんだ」という監督のメッセージとともに描き出される。

本作の元になったのは、ダニエル・ヒベイロ監督が2010年に手がけた『今日はひとりで帰りたくない』(I Don’t Want to Go Back Alone)。各国の映画祭に出品されたこの短編映画が熱狂的な人気を博したことで、監督自らの手で同じキャストを起用して長編映画化された。

ダニエル・ヒベイロ監督曰く、「この作品で描きたかったのは、“盲目でゲイの少年が恋に落ちた”という事ではなく、“恋に落ちたのが、たまたま盲目でゲイの少年”だったということ。そして、“ゲイであるかどうか、盲目であるかどうか”は関係なくいつの時代どの国でも普遍的なティーン・エイジャー達の姿=喜びや悩み、葛藤、性の目覚めを描きたかったから、原色は避けて全体的な作品の色味は暖かみのあるパステル調にし、照明もソフトさにこだわった」。

青春映画の新たなマスター・ピースの誕生を予感させる、瑞々しく美しい本作に期待が高まる。

ギャラリー

ストーリー概要

目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、 はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。でも何にでも心配ばかりしてくる両親が最近ちょっと鬱陶しい。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の中で、映画館に行ったり自転車に乗ってみたり、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガブリエル、ジョヴァンナ、それぞれの気持ちに変化がやってきて…。

関連記事

誰もが経験したあの青春、『彼の見つめる先に』本予告編解禁!  
キラめき・悩み・反抗・恋!『彼の見つめる先に』メインカットが解禁!
世界中で話題をさらったPOPで挑発的な青春映画『彼の見つめる先に』日本公開

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com