『ネクスト ロボ』ほかファミリーで楽しめる作品が目白押し!この秋注目の超大作映画3選

夏休みシーズンも終わり、アクション映画やファミリー向けのアニメーション映画が落ち着くシーズンかと思いきや、秋もまだまだファミリーで楽しめる超大作が目白押し。この秋は、そんな中から感動の物語やアクション、不思議な世界観など、特に注目の3作を紹介する。

『ネクスト ロボ』(Netflixにて全世界独占配信中)

心を閉ざした少女が、ピュアなロボットと出会って成長する姿に号泣必至

Netflixが贈るハートフルアニメーション。舞台はロボットだらけの未来。13歳の少女【メイ】は、家から大好きな父親が出てしまって以来、母の【モリー】との関係が上手くいかなくなっていた。モリーと仲良くしたいと思いつつ、生活のすべてをロボットに任せきりの彼女を見て、自分よりもロボットに夢中のように感じ、素直になれないメイ。一方のモリーも、娘にどう接したらいいのか分からなくなっていた。心を閉ざしたメイが唯一心を許せるのは、愛犬の【モモ】だけで、ロボットだらけのハイテクな世界にも馴染めないまま、彼女は孤独な毎日を送っていた。

ある日メイは、モリーとロボット会社のIQロボティックのイベントへ。自分はそっちのけで盛り上がるモリーに辟易したメイは、会場を抜け出したことで、密かに開発された戦闘用ロボット【7723】と出会う。メイと過ごすうちに7723は彼女を大好きになり、二人の間には絆が芽生えていく。しかし、7723のメモリーには限度があり、メイとの“思い出”を残すため、大きな決断を迫られる。やがて、7723を開発したIQロボティック社の共同創業者兼CEOのピンが、人類滅亡を企んでいることを知ったメイたち。モリーも人質に取られ、二人は街のみんなを守るため立ち上がる。

自分の殻に閉じこもっていたメイだが、7723と接することで徐々に心を開いていく。彼女が、モリーや7723、モモ、そして友達を守るために一生懸命になる様子は、メイが素直になることを学び、反抗期からも脱却した成長を感じて、思わず涙してしまうこと間違いなし。また、戦闘用ロボットの7723は大迫力のアクションシーンだけでなく、メイとの楽しい思い出を何よりも大切にするピュアな姿から、人間とロボットの垣根を超えた友情、家族や友人とのかけがえのない「思い出」の大切さに気づかされる。親子で楽しんで欲しい作品だ。

『プーと大人になった僕』(9月14日公開)

©2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

誰もが知るプーさんの物語が初の実写映画化

世代を超えて幅広く愛される世界的人気キャラクター「くまのプーさん」が、初めて実写映画となる本作。主人公の【クリストファー・ロビン】は、【プー】と別れてから長い月日が経っていた。成長して大人になったクリストファーは、愛する妻と娘とロンドンで過ごすも、仕事に忙殺される日々。家族と過ごす予定だった週末にも仕事が入ってしまい、家族と仕事の問題の板挟みで悩むクリストファーの前に、プーが再び現れる。プーに、居なくなってしまった森の仲間たちを一緒に探してほしいと頼まれたクリストファーは、子供の頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ向かい、【ピグレット】や【ティガー】、【イーヨー】、【カンガ】と【ルー】の親子たちと再会。喜びと懐かしさを感じながらも、仕事を思い出し、クリストファーは急いでロンドンへ。しかし彼は、森に重要な書類を忘れてしまう。忘れものに気づいたプーと仲間たちは、親友クリストファーのため、初めて100エーカーの森を飛び出す──。

クリストファーは、日々の忙しさに追われるあまり忘れかけていた、“本当に大切なモノ”をプーに思い出させられる。「それって風船より大切なの?」「ぼくは“何もしない”を毎日やっているよ」と、プーの一言一言が刺さり、大人世代はクリストファーに自分を重ねてしまうこと間違いなし。また、プーや仲間たちのかわいさや、彼らのロンドンでの大冒険は子供たちも一緒に楽しむことが出来る。クリストファーとプーの感動の物語を、ぜひ劇場で。

『ペンギン・ハイウェイ』(大ヒット公開中)

© 2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会

少年のひと夏の思い出を想像力豊かに描く

昨年の第41回日本アカデミー賞で最優秀アニメーション賞を受賞した『夜は短し歩けよ乙女』や、アニメ「有頂天家族」の原作で知られる森見登美彦の同名小説を、アニメーション映画化した本作。小学四年生の【アオヤマ君】が暮らす郊外の街に、突如としてペンギンが現れたことから、物語が始まる。探求心旺盛なアオヤマ君は、彼が通っている歯科医院に務める【お姉さん】とペンギンに関係があることを突き止め、友達と協力してその謎を調べ始める。しかし、謎を調べるうちに、街の片隅に巨大な水で出来た球体「海」が出現し、ペンギンを襲う怪物が現れるなど、アオヤマ君は次第に大事件に巻き込まれてしまい…。

キャストは、お姉さん役に蒼井優、アオヤマ君のお父さん役に西島秀俊、友達の【ハマモトさん】のお父さんに竹中直人。主題歌「Good Night」は宇多田ヒカルが務めるなど、超豪華な布陣となっている。アオヤマ君が過ごした不思議でちょっと切ないひと夏の思い出を、ぜひ追体験して欲しい。

関連記事

“大人になった”あなたにこそ響く!『プーと大人になった僕』の魅力とは?
プーさんと森の仲間たちがロンドンにやって来る!『プーと大人になった僕』日本版予告映像が解禁
今年『ペンギン・ハイウェイ』以上の傑作アニメ映画は出てこない!?
宇多田ヒカルの主題歌に乗せて贈る『ペンギン・ハイウェイ』スペシャルトレーラー解禁!

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com