双子の精神分析医との背徳の愛!鬼才オゾン最新作『2重螺旋の恋人』ポスタービジュアル&予告映像公開

©2017 – MANDARIN PRODUCTION – FOZ – MARS FILMS – PLAYTIME – FRANCE 2 CINÉMA – SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU

世界三大映画祭の常連でありフランスを代表する映画作家フランソワ・オゾンの最新作『2重螺旋の恋人』のポスタービジュアルと予告映像が公開された。

本作は、『スイミング・プール』『危険なプロット』などサイコスリラーの名手として知られる鬼才オゾンが、米国の女性作家ジョイス・キャロル・オーツの双子をテーマとした短編小説を大胆に翻案、4年の構想期間を経て放つ極上の心理サスペンス。

今回解禁された予告映像は、主人公クロエ(マリーヌ・ヴァクト)が、精神科医ポール(ジェレミー・レニエ)との幸せな生活をスタートするところから始まり、同居のための引越しで開いたダンボールの中から、名字が違うポールの古いパスポートを偶然見つけてしまう場面、ポールとそっくりな男性を見かけたことをポールに話すと「人違いだ」と言われるが、その男性ルイを探し当てるクロエ、ルイからは、自分はポールの双子の兄で、同じ精神分析医をしていると説明され、疑念を深めていく様子などが映し出されている。

ポスターは、双子の精神分析医との危険すぎるカウンセリングの様子を切り取った、衝撃のビジュアルとなった。

本作は、2018年8月4日(土)にヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開。

ストーリー概要

原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、精神分析医ポールの元を訪れる。穏やかなカウンセリングにより痛みから解放されたクロエは、ポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会う。ルイと名乗る男はポールと双子で、しかも同じ精神分析医だという。なぜポールはルイの存在を隠しているのか?真実を突き止めるためルイの診察室に通い始めたクロエは、優しいポールと違って傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく……。

関連記事

キャリア最高の作品を送り出した、大胆不敵なフランソワ・オゾンの脚色力
ヴェネツィア国際映画祭、コンペティション部門19作品一挙紹介!!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com