野添ひとみの感激を再び!ラピュタ阿佐ヶ谷で特集上映企画

2015年が没後20年、昭和30年代ごろに当時の若者の心をわしづかみにした野添ひとみを特集した上映企画が2015年10月25日(日)から『昭和の銀幕に輝くヒロイン 第79弾 野添ひとみ』と題してラピュタ阿佐ヶ谷で行われる。特集は2015年12月19日まで。

kuchizuke

代表的な8作を上映

上映されるのは『くちづけ』(1957)『姉妹』(1955)『親不孝通り』(1958) 『江戸っ子祭』(1958) 『女のつり橋』(1961) 『不敵な男』(1958)『セクシー・サイン 好き好き好き』(1960) 『巨人と玩具』(1958)の8作。
中でもオープニングを飾る『くちづけ』はのちに結婚する川口浩との共演。ほか1960年代ごろのファッション・メイク・カルチャーを楽しめる映像を堪能できる。

特集上映会は一般1,200円、学生・シニア1,000円、会員800円、水曜日のサービスデー1,000円で鑑賞可能だ。

関連記事

由美かおるの70年代主演映画BDを 見ながら思うことのいくつか……
300冊もの「GHQ検閲歌舞伎台本」をデジタル化!松竹大谷図書館がクラウドファンディングを開始
竹田恒泰による昭和史解説も―『日本のいちばん長い日』SP座談会放送レポ
反戦映画の傑作『人間の條件』6部作、一挙上映!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事