フランスの音楽プロジェクトから生まれた感動作『オーケストラ・クラス』8月に公開決定!

© 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINÉMA / LA CITÉ DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

挫折したバイオリニストと、初めて音楽に触れる子供たちが織りなす感動作『オーケストラ・クラス』(原題:『La Mélodie』)が2018年8月18日(土)より全国公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルと場面カットがお披露目された。

音楽に触れる機会の少ない子供たちに無料で楽器を贈呈し、プロの音楽家が技術と音楽の素晴しさを教えるフランスの音楽教育プロジェクト“Démos(デモス)”からインスピレーションを得て生まれた本作。『コーラス』など音楽映画の名作をプロデュースしてきたニコラ・モヴェルネが製作し、パリ管弦楽団の本拠地であるコンサートホール“フィルハーモニー・ド・パリ”の全面協力を得て、音楽を奏でる喜びと人生の素晴らしさを愛おしく紡ぎ上げた感動のヒューマンドラマ。昨年の第74回ベネチア国際映画祭では“特別招待作品”として上映されて話題を集めた。

© 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINÉMA / LA CITÉ DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

パリ19区にある小学校へ音楽教育プログラムの講師としてやってきたバイオリニストのシモンは、音楽家として行き詰まっていた。気難しいシモンは子供が苦手だが、6年生の生徒たちにバイオリンを教えることになる。しかし楽器に触れたこともなく、いたずら盛りでやんちゃな彼らに音楽を教えるのは至難の業。たちまち自信を喪失してしまうが、クラスの中で一人、バイオリンの才能を持つ少年アーノルドとの出会いをきっかけに、シモンの人生が再び動き始める。

アーノルドの影響もあって、感受性豊かな子どもたちは音楽の魅力に気づき、演奏に夢中になっていく。時には、練習中に喧嘩になったり、他校との合同練習で赤っ恥をかいたり、失敗や経験を重ねながら、音楽を通して少しずつ成長していく子供たち。そんな彼らに向き合うことで、音楽の喜びを取り戻していったシモンは、生徒たちと共に、一年後に開かれるフィルハーモニー・ド・パリでの演奏会を目指す。

© 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINÉMA / LA CITÉ DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

© 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINÉMA / LA CITÉ DE LA MUSIQUE – PHILHARMONIE DE PARIS

映画『オーケストラ・クラス』は、2018年8月18日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー。

関連記事

音楽好き必見のフランス映画『ミモザの島に消えた母』
過去の恋に未来の幸せを―『カミーユ、恋はふたたび』15年10月公開
フランス映画祭観客賞受賞映画『エール!』各界著名人より心温まるコメント到着

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com