長い眠りから目覚めると…絶望的な状況!映画『パッセンジャー』本編映像

クリス・プラットとジェニファー・ローレンスがW主演を務める映画『パッセンジャー』の本編映像の一部が解禁となった。

映画『パッセンジャー』長い眠りから目覚めると…

20××年――新たなる居住地を目指し、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を後にした。目的地の惑星到着まで120年。冬眠ポッドで眠る乗客の中で、なぜか2人の男女だけが早く目覚めてしまった。90年も早く――。エンジニアのジムと作家のオーロラは絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――

パッセンジャー メイン

映画『パッセンジャー』は、人類史上かつてない移住計画のため、冬眠装置で眠る5000人を乗せ地球を後にした豪華宇宙船を舞台にしたスペース・スペクタクル・ロマン作品。極限状態に置かれた男女の“壮絶な愛と運命”を描く。

労働者階級のエンジニア、ジムを『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクリス・プラット、著名作家のオーロラを『ハンガー・ゲーム』のジェニファー・ローレンスが演じW主演を務めるほか、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーンらが共演に名を連ねる。メガホンをとるのは、映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のモルテン・ティルドゥム監督。

このたび、本作の本編映像の一部が解禁となった。

映像は、クリス・プラット演じるエンジニアのジムが長い眠りから目覚めた直後のシーンで、銀河系の幻想的な光景とは裏腹に、彼の置かれた絶望的な状況を確認することができる。

モルテン・ティルドゥム監督はジムについて「“使えなくなった物は捨てる”という世界に違和感を抱いているんだ。使い捨ての世界の中で、自分の存在価値が廃れてしまったように思っている。思いやりの心や育てる心が強い人物なんだ」と説明し、観客の共感を呼ぶキャラクターだと位置づける。

一方ジムを演じるクリス・プラットは「宇宙で孤立した2人の空間は孤独感に溢れている。でも同時に、そこには普通の物語にはないような愛が同居しているんだ」と説明。また、オーロラを演じるジェニファー・ローレンスは「ジムとオーロラが直面するのは想像を超えるような極限的な状況。でも、それが普通ではないからこそ2人の愛が強調されるの」と語っている。

映画『パッセンジャー』は2017年3月24日(金)全国ロードショー。

関連記事

撮影以外もチームワーク抜群?映画『マグニフィセント・セブン』特別映像
闘う男たちの到達点『マグニフィセント・セブン』が熱い!
『ラ・ラ・ランド』歴代最多タイ記録の14ノミネート! 第89回アカデミー賞ノミネート作品が発表!!
GG効果で2位へ急浮上!今週の全米興収ランキング速報![1/13・14・15版]
新たな恐竜パニックが巻き起こる!『ジュラシック・ワールド』新場面写真公開

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com