ジム・カヴィーゼルが再び聖書の世界に!歴史大作『パウロ 愛と赦しの物語』公開決定

ローマ時代を舞台に、獄中から非暴力の愛を叫び続けた使徒パウロを医者・ルカの目を通して描く歴史大作『パウロ 愛と赦しの物語』が2018年11月3日(土)から公開されることが決定した。

舞台となるのは紀元67年の、皇帝ネロがキリスト教徒たちを迫害していたローマ。獄中から非暴力の愛を叫び続けた使徒パウロを、彼の言葉を民衆に伝えるために書き記し続けた医者ルカの目を通して描いている。

この映画『パウロ 愛と赦しの物語』(原題:Paul, Apostle of Christ)の主人公の医者ルカを演じるのはジム・カヴィーゼル。イエス・キリストの最期の日を描いたメル・ギブソン監督の『パッション』(04)でイエス役を演じ、最近ではTVシリーズ「パーソン・オブ・インタレスト」(AXNにてオンエア中)で主役のジョン・リースを演じている人気俳優だ。また、人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」「ダウントン・アビー」などに出演している英国俳優ジェームズ・フォークナーが使徒パウロを演じている。

監督は新鋭のアンドリュー・ハイアット、物語を彩る荘厳な音楽はジョニー・デップ主演の『ネバーランド』(04)でアカデミー賞作曲賞を受賞したヤン・A・P・カチュマレクが手掛けている。

関連記事

若き日のジャック・スパロウの姿が解禁!『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、ますます期待が高まる!

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com