社会現象級の全米大ヒットホラー『クワイエット・プレイス』日本版本予告が解禁!

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

全米でホラー映画史に残る社会現象級の大ヒット作『クワイエット・プレイス』が2018年9月28日(金)に公開される。本作の日本版本予告映像がお披露目された。

全米公開後、低予算ながら初登場No.1でオープニング成績5000万ドルという数字を叩き出し、累計興行収入も『レディ・プレイヤー1』『グレイテスト・ショーマン』などを超える成績を記録。2018年度のオリジナル作品全米No.1大ヒット(※2018/6/13 BOX OFFICE MOJO調べ)となっている本作。米映画批評サイト「ロッテン・トマト」では驚異の“95%Fresh”と大絶賛され(※2018/6/13付)、90分間“呼吸の音さえ恐怖に変わる”劇場の緊張感が、新たなホラー映画体験だとスティーヴン・キングやクリス・プラット、ライアン・レイノルズら著名人からのSNSでの口コミも殺到した。

主人公エヴリン役に扮するのはエミリー・ブラント。その夫・リー役を、実生活でも彼女の夫であるジョン・クラシンスキーが演じ、監督も務めている。製作を『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイの製作会社プラチナム・デューンズが手掛けた。

荒廃した世界で生き延びた、一組の家族。ここでのルールは、絶対に音を立ててはいけないこと。音を聞かれたその瞬間“何か”がやってくる。足音をさせないよう裸足で歩き、その道筋に砂をまいたり手話を使ったりと、工夫を凝らし生活を続ける家族だが、この絶望的な状況下で生き延びることはできるのか。予告編では、“何か”に追われ、恐怖慄く表情を見せながら子どもたちが逃げ惑う様子、「子供たちを守るのは、私たちよ…」と決意新たに囁くエヴリンの姿などが映し出される。果たして出産を目前に控えるエヴリンは、子どもたちを守りぬくことはできるのか。<音を立てたら、即死。>というキャッチコピーが、映像中ずっと続く緊張感をさらに高めると共に、家族を守ろうとする親の愛のドラマにも期待が高まる内容となっている。

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

夫婦初共演となったクラシンスキーとブラント。脚本についてブラントは、「この脚本と恋に落ちたのは、自分の子供を守ることができないのではないかという私の奥深くにある恐怖に触れていると感じたから。ものすごく危険な状況に置かれているこの物語を、最後まで一気に読み終えた」と振り返る。続けて「皮肉にも、脚本を読む前は、私の友達がイヴリン役に適してるんじゃないかってジョン(・クラシンスキー)に言ってたんだけど、読んでいるうちに、こう思ったの。『あんなこと言ったけど、この役は私がやらなきゃ』って。ホラー映画という枠を越えて、この物語の深みと美しさに惹かれた」と明かしている。クラシンスキーもまた「この映画がスリルと恐怖だけでなく、家族の強さを示すものであることを願うよ」と語っており、恐怖だけではなく家族のドラマにも期待がかかる。

映画『クワイエット・プレイス』は、2018年9月28日(金)よりロードショー。

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

ストーリー概要

音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界で、生き残った1組の家族がいた。その“何か”は、呼吸の音さえ逃がさない。誰かが一瞬でも音を立てると、即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らすエヴリン&リーの夫婦と子供たちだが、なんとエヴリンは出産を目前に控えているのであった。果たして彼らは、最後まで沈黙を貫けるのか―――?

関連記事

音を立てたら、即死!映画『クワイエット・プレイス』日本版特報&本ポスタービジュアル解禁
音を立てたら即死…!全米大ヒットのサバイバルホラー『クワイエット・プレイス』9月に公開決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com