侍と忍者の違いを「ハイロー」のアクション監督も務めた坂口拓が語る!映画『レッド・ブレイド』動画インタビュー

2018年12月15日(土)より、シネマート新宿ほかで公開となる映画『レッド・ブレイド』。

本作は、『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』など海外でも高い評価を受ける園子温原案によるストーリー。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督、『RE:BORN リボーン』主演で知られる坂口拓と“ミスター・バイオレンス”と称され、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」正式上映作品『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋のメガホンで映画化。さらに、ド迫力のオープニングアクション監督を『いぬやしき』『BLEACH』などを手掛けた下村勇二が担当している。今までの忍者の常識を覆す、世界初の忍者映画がここに誕生した。

強い忍者を目指す女子高生・マコを演じるのは、映画初主演にして本格アクションに挑戦する小倉優香。“リアル峰不二子”と絶賛されるスタイルでグラビア界を席巻し、最近は、ドラマ「チア☆ダン」や「恋のツキ」などに出演するなど女優として開眼した。

共演には、舞台『MIRRORION(ミラリオン)』の搗宮姫奈や『アズミ・ハルコは行方不明』の花影香音。“踊る次世代の裕次郎”の呼び声高い、『孤狼の血』の岩永ジョーイなどアクションに特化した実力派若手俳優が小倉の脇を固める。また、総合演出の坂口拓が、TAK∴名義で伝説の忍者として登場する。

坂口は、「侍と忍者の違いを見せたかった。侍は正面から戦うが、忍者は正面から戦わないというところ表現したい」と作品に込めた思いを振り返る。さらに「忍者とは、だだの言葉だ」と続ける。その真意が本作でどう表現されているか期待が高まる。

映画『レッド・ブレイド』は2018年12月15日(土)より公開。

映画『レッド・ブレイド』のあらすじ


いじめられっ子の高校生・マコ(小倉優香)は、この世界に嫌気が差していた。学校の図書室で忍者の児童書「雷風刃」を読むことが唯一心安らぐ瞬間で、巨大な悪に立ち向かう忍者たちに憧れていた。ある夜、下校途中のマコの前に「雷風刃」の忍者・ヒロ(搗宮姫奈)とユウ(花影香音)が現れる。時空を切り裂き、導かれるようにタイムスリップした先に待っていたのは伊賀の世界。伝説の忍者・才蔵(TAK∴)指南のもと、強さを求めマコの忍者修行が始まる。ところが、マコと同様に、「雷風刃」の悪人・原田勘助(岩永ジョーイ)が現実世界に出現してしまい…。

(C)2018「レッド・ブレイド」製作委員会

関連記事

“リアル峰不二子”小倉優香インタビュー動画到着!『レッド・ブレイド』映画初主演&本格アクションに調整

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com