日本&ラオス合作『ラオス 竜の奇跡』予告映像、解禁

ラオスで起きた日本人技師の不慮の事故を題材に描く、日本とラオスの合作映画『ラオス 竜の奇跡』の予告映像が解禁となった。

映画『ラオス 竜の奇跡』予告映像解禁

2015年急激な都市開発が進むラオス。家族とのすれ違いで故郷を飛び出したラオス人女性ノイ(ティダー・シティサイ)。ナムグム湖観光の折、森に迷い、55年前の1960年の内戦中のラオスへと迷い込んでしまう。そこでダム建設調査の為、ラオスに渡った日本人青年川井(井上雄太)に出会う。緩やかな川のほとりで二人は出会い、辺鄙な農村で、暢気な村人たちとの共同生活が始まった。が、やがて村に戦火が近づき、人々との軋轢がノイと川井を引き離していく――

ラオス ⻯の奇跡

映画『ラオス ⻯の奇跡』は、1960年に実際にラオスで起きた日本人技師の不慮の事故を題材に、現代のラオスの少女が過去にタイムスリップし、その日本人⻘年と出会うという、時空を超えたネイチャーファンタジー作品。ラオスの美しい大自然を舞台に「人を思いやる優しさ」を描く。

日本人⻘年・川井役を、本作が映画初出演にして初主演となる井上雄太が演じる。また、ヒロインのラオス人女性・ノイ役を、ラオスでモデルとして活躍するティダー・シティサイが演じる。ティダー・シティサイも本作が映画初出演となる。メガホンをとるのは、市川崑監督、金子修介監督、犬童一心監督などの作品の助監督を務め、『天国からのエール』で劇場映画監督デビューした熊澤誓人監督。

ラオス ⻯の奇跡 サブ2

このたび本作の予告映像が解禁となった。映像では、ティダー・シティサイ演じる故郷を捨てた少女ノイが突如タイムスリップし、ダム作りを夢見る井上雄太演じる青年・川井と出会い、ラオス発展のため奔走する姿が切り取られている。

プロデューサーを務める森卓は、本作の完成とともに15年ぶりに日本に帰国したといい「東南アジア唯一の内陸国ラオスの人々は、国土面積が日本の本州と同じなのに人口は700万人(千葉県ほど)という環境で、自然に寄り添い、緩やかに流れる川とともに暮らしてきました。私は、本作の完成とともに15年ぶりに日本に帰国し東京暮らしを始めました。そこで見たものは、五輪スローガンの下に行われている様々な開発、そして過労死の問題。人はなぜ必要以上に働くのか。キャリアを積み、お金を稼ぎ、人生を設計する日本人に対し、家族との時間や人との間合いを何よりも大切にするラオス人との違いを考えさせられました」と語る。

ラオス ⻯の奇跡 サブ3

さらに「2020年、私たちは東京五輪を迎えます。その中で、私たちが大切にすべきもの、後世に残すべきものは、物やお金ではなく『人を思いやる優しさ(強さ)』なのだと思います。本作は、テーマを突きつけ、肩肘張って考えさせる映画ではありません。それとは逆に、心地よい音楽と自然豊かな美しい風景とともに、ラオスの緩やかな流れに脱力して欲しいと思います。その時に、私たちの中にある“本当に大切なもの”を思い出してもらえると幸いです。力をぬいて、素直になると、人の温もりが見えてくる。“人はとてもあたたかい”ラオスが教えてくれました」とコメントを寄せている。

映画『ラオス 竜の奇跡』は、2017年6月有楽町スバル座ほか全国ロードショー。

(C)ジャパン-ラオス・クリエイティブ・パートナーズ

関連記事

日本人技師の不慮の事故を題材に描く『ラオス ⻯の奇跡』公開決定
舩橋淳監督によるポルトガル合作映画、主演に柄本佑
『沈黙ーサイレンスー』が100年続く映画だと思った理由。
騙し合いと過激なエロス…映画『お嬢さん』このミス選者、コメント到着!
ホドロフスキー監督最新作『エンドレス・ポエトリー』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com