生田斗真×広瀬すず!映画『先生!』特報解禁

河原和音による人気コミックを生田斗真と広瀬すずで実写映画化する『先生!』の公開日が2017年10月に決定し、ビジュアルと特報映像が解禁となった。

生田斗真×広瀬すず『先生!』特報映像が解禁

「自分がその人を好きだって―どうしてみんな、わかるんだろう」高校二年生の島田響(広瀬すず)は、いまだ初恋さえも未経験。そんな彼女は、ある日、ふとしたきっかけで隣のクラスの担任・伊藤貢作(生田斗真)と言葉を交わすようになる。世界史の教師・伊藤は、ぶっきらぼうだが生徒思いのまじめな教師。居残り課題を手伝ってくれたり、夜道で守ってくれたり…伊藤はいつも響に優しかった。そんな優しさに触れ、伊藤を“好き”だと自覚した響は、一直線に恋に走りだすが――

先生! 広瀬すず

映画『先生!』は、「青空エール」や「俺物語!!」の原作など、数々の実写化作を手がける漫画家・河原和音の、累計発行部数570万部を突破する、人気同名コミックを実写映画化する作品。世界史の教師・伊藤と、その優しさに触れ、一途に伊藤を想う恋愛初心者の女子高生・響、教師と生徒である2人の純愛を描く。

主人公の教師・伊藤貢作を演じるのは生田斗真。そして伊藤に想いを寄せる女子高生・響を演じるのは広瀬すず。ふたりは本作で初共演を遂げる。メガホンをとるのは『僕等がいた』以来、生田斗真と再びタッグを組む三木孝浩監督。

このたび、本作より、ビジュアルと特報映像が解禁となった。

ビジュアルは、広瀬すず演じるごく普通の女子高校生・島田響が、初めての気持ちに戸惑いながらも、教室の窓から外を見つめ、どこまでも純粋に“近くて遠い存在”である伊藤先生に想いを馳せる、17歳の響の切ない表情が印象的なものに仕上がっている。

あわせて解禁となった特報映像では、眩い青春の世界観の中で、恋に臆病な響の、伊藤先生を想うがゆえに喜び、時に涙する様々な表情が映し出されている。

生田斗真は広瀬すずについて「広瀬さん、響、ともに、まぶしすぎて直視できないくらいの輝きを放つ子。お芝居に対してまっすぐだし、一生懸命だし、本当に響に見える瞬間がたくさんありました」と語り、一方の広瀬すずも、「伊藤先生が生田さんじゃなかったら、この響はできなかった。神様みたいな人でした」とお互いの演技に惹かれあった様子。

自身の役についても、生田斗真は「大人の恋愛ものはあまり経験してこなかったので、自分が30代になって初めてのラブストーリーに呼んでいただいて、自分の中でもたくさんのチャレンジがあったし、得るものがたくさんあったんではないかと。広瀬さんがすごく純粋にまっすぐにどーんとぶつかってきてくれたので、とても伊藤先生でいやすかったです」とコメント。

広瀬すずは「(初めての王道ラブストーリーということで)何もかも初めての想い、感情だったので、ただただ伊藤先生のことを一途に考えようと思いました。“何いってるんだろう、私”とふとした瞬間現実に戻ることもあったのですが、恥ずかしがるのも全部伊藤先生を好きっていう気持ちに変えたいなって思って、そこが大きくなればなるほど全部が変わってくるので、ただ伊藤先生だけを見ていようって毎日思いながら現場に入っていました」と初めての王道恋愛映画のヒロインを演じた充実感を伺わせた。

映画『先生!』は、2017年10月28日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショー。

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

関連記事

映画『先生!』公式サイト
生田斗真&広瀬すず、初共演で教師と生徒の純愛に挑む―「先生!」実写映画化
広瀬すず、福山雅治と初共演!是枝裕和監督と再タッグで、斉藤由貴の娘役に
広瀬すず&山﨑賢人、初共演!『四月は君の嘘』BD&DVD発売決定
ヒロインに“走らせる”俳優・山﨑賢人が遂に走った!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事