『新聞記者』ポスタービジュアル&予告編|シム・ウンギョン×松坂桃李W主演

【ポスタービジュアル・予告編・場面写真】
『新聞記者』

6/28(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開

シム・ウンギョンと松坂桃李W主演の映画『新聞記者』のポスタービジュアルと予告編が到着。場面写真も解禁された。

本作は、一人の新聞記者の姿を通して報道メディアは権力にどう対峙するのかを問いかける衝撃作。解禁されたポスターは、シム・ウンギョンと松坂桃李が、国会議事堂を背に並び立ちそれぞれ違う方を向く姿に「内閣官房VS女性記者」というコピーが被さったもの。二人は敵か味方か。それぞれ『個』の力で、国という巨大な力に立ち向かおうとするドラマであることが伺える。

予告篇で使用されている、本作の主題歌は、BRAHMANのTOSHI-LOWがフロントマンをつとめるもう一つのバンド OAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)が歌う「Where have you gone」。繊細で荘重なアコースティックサウンドが本作をより一層盛り上げている。

同調圧力に満ち、フェイクニュースが社会を揺さぶり、報道の価値が厳しく問われるメディアの激動期。新元号「令和」が間もなく施行されるまさに「たった今。」、さまざまな社会問題にダイレクトにリンクする、 今までの日本映画になかった全く新しい社会派エンタテインメントが誕生した。

ストーリー

東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある強い思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。一方、内閣情報調査室の官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

公開情報

『新聞記者』
6/28(金)新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開
出演:シム・ウンギョン 松坂桃李 本田翼 岡山天音 /西田尚美 高橋和也/北村有起哉 田中哲司
監督:藤井道人 脚本:詩森ろば 高石明彦 藤井道人
音楽:岩代太郎 原案:望月衣塑子「新聞記者」(角川新書刊) 河村光庸
配給:スターサンズ イオンエンターテイメント
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ shimbunkisha.jp

他の記事も読む

関連記事

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ティザービジュアル&追加キャスト|夏帆が“ふてくされ顔” で新境地!
『居眠り磐音』本予告映像|主題歌はMISIAのラブバラードに決定!
荒々しい映画にこそ濡れ場が映える。『孤狼の血』の濡れ場でホッと一息…?
『孤狼の血』早くも続編製作決定!役所広司ほかコメントも到着
『孤狼の血』東京・広島での初日イベントをレポート!松坂「忘れられない大切な作品」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com