レディー・ガガがすべてを注ぎ込む!『アリー/ スター誕生』日本オリジナル予告&本ポスター解禁

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

レディー・ガガ初主演×監督・主演ブラッドリー・クーパーで描く感動のエンターテイメント『アリー/ スター誕生』の、日本オリジナル本予告と日本オリジナル劇場本ポスターが解禁された。

ベネチアやトロントなど、世界中の国際映画で絶賛され、「フォーブス誌」ほか名だたるメディアが称賛を送る本作。10月5日(金)の全米公開後も全米No1 映画評サイト【ロッテン・トマト】で驚異の90%フレッシュを記録し、既に200億円突破(11/13 時点 Box office MOJO 調べ。1$=112 円換算)の大ヒット。現在も数字を伸ばし続けており、その勢いは止まる所を知らない。

「君の歌は奇跡だ」――ジャクソンの温かい笑みを受け、超満員のステージで勇気を振り絞って主人公アリーがマイクを握る。自分の“うた”を信じ続け、人生を切り開いてゆこうとするアリーの奇跡のストーリーがそこから始まる…。日本オリジナル予告でも描かれる、成功の裏で様々な挫折を経験しながらも、自分の夢に向かって邁進するアリーの“ありのままの”姿、そして最後に彼女がたどりつく答えは、いま世界中の共感を呼んでいる。

日本オリジナル本ポスターは、“うた”を通したアリーとジャクソン2人の深いドラマを想像させるビジュアルに仕上がっている。“私は生まれ変わる”というメッセージはアリーの強い意志と観る者すべての感動体験を期待させ、これから夢をつかみ取ってゆくアリーの人生を表すかのような煌びやかさと、ジャクソンの落ち着いた大人の色気を感じさせる。

映画初主演となったレディー・ガガは、「私は、私の持つすべてを注ぎ込みたかったの。最後の一滴まで、この映画に捧げようと思ったのよ。私の持つ恐れ、羞恥心、愛、優しさ、それら全てをこの映画の為に捧げたわ。」と語り、素の自分をさらけ出したことを語っている。

本予告の中で主人公アリーが披露する、聴くだけで涙するメイン曲“シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた”。歌手を夢見るものの、自分に自信がなく夢を諦めかけている彼女が、劇中で自らが作詞・作曲し、夢を掴みとるきっかけとなる重要な“うた”だ。この映画に登場する19曲もの圧巻の“うた”の数々は、レディー・ガガをはじめ音楽界のスターたちが寄り添い書き下ろされたもの。

この楽曲に関してブラッドリー・クーパーは、「音楽は、この映画の重要なキャラクターなんだ。劇中の中で、“うた”がストーリー上重要な意味を持たないことはない。うたはいつも、歌っている人か、それを見ている人が感じていることを語っているんだよ。」と、劇中歌の重要性を語っている。

本作は、12月21日(金)全国ロードショー。

ストーリー概要

父とふたりで暮らすアリーのたった一つの夢――それは歌手になること。昼はウェイトレスとして働き、夜は小さなバーで歌う日々。自分に自信がなく、夢を諦めかけていた彼女は、ある日1人の男性と出会う。それは、世界的シンガーのジャクソンだった。「アリー、あの歌を聴かせてくれ。」――歌にほれ込んだジャクソンに導かれるように、瞬く間にスターダムを駆け上っていくアリー。2 人は激しく恋に落ちるが、脚光を浴び続けるアリーとは反対に、既に全盛期を過ぎたジャクソンは歌う力を失っていってしまい…。ラストステージ――ジャクソンの愛が、アリーの覚悟が、そして2人のうたが、見るものすべての心を震わす圧巻の感動エンターテインメント。

関連記事

レディー・ガガ主演『アリー/ スター誕生』圧巻の歌声で心揺さぶる日本版予告が完成!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com