『スマホを落としただけなのに』主題歌決定!北川景子が恐怖に叫ぶ最新予告が解禁!

Ⓒ2018映画「スマホを落としただけなのに」製作委員会

新進の作家・志駕晃のデビュー作を北川景子の主演で映画化する『スマホを落としただけなのに』が2018年11月2日(金)より公開される。この度、本作の主題歌をポルカドットスティングレイが担当することが決定し、主題歌を使用した最新予告映像がお披露目された。

原作は、2017年に「このミステリーがすごい!」大賞の中で、受賞には及ばなかったもののベストセラーになる可能性を秘めている作品である“隠し玉”に選出された志駕晃による同名小説。2017年4月に刊行されるやいなや、スピーディな展開と圧倒的な描写力で、現代の日常生活に潜む恐怖を描いた新感覚のノンストップミステリーとして話題を集め、SNS時代を代表する作品として国内外から映画化のオファーが殺到。さまざまな伏線がはられたミステリー作品でありながら、幅広い層が共感できるエンターテインメント作品として人気を博した本作が、北川景子、千葉雄大、成田凌、田中圭、原田泰造ら豪華キャストで実写映画化される。

本作の主題歌を担当するポルカドットスティングレイは、雫(Vo.&Gt.)のセルフプロデュース力とブランディング力により、映像の総再生回数3000万回以上を誇り、SNSを使いこなすなど、リアルとヴァーチャルを巧みに支配していると人気急上昇中のバンド。本作の脚本を読み込み、世界観を追求して書き下ろした楽曲「ヒミツ」は、リアルでミステリアスな攻撃的ロックチューンに仕上がっている。

主演の北川景子は、楽曲について「ヒミツを抱えながら葛藤して生きる主人公・麻美の心と、映画のスリリングな世界観とマッチした素敵な楽曲でした」とコメント。作詞作曲を担当した雫は「麻美を追い詰める得体の知れない恐怖や焦りを、歌詞でもメロディでもサウンドでも余すことなく表現出来たのではないかなと思います。映画を観てから聴くと『あれのことか!』と気付く細かい表現もいくつも入っていますので、ぜひ映画館で、映画のエンドロールにて聴いてみてください」と語っている。

あわせて解禁された、主題歌「ヒミツ」を使用した最新予告映像では、北川景子をはじめ豪華キャスト陣が総出演。SNSの成りすまし、プライベートの露呈、ランサムウェアの感染など、スマホを介して起こるさまざまな現象に追い詰められていく北川景子の叫びが印象的な予告に仕上がっている。

映画『スマホを落としただけなのに』は、2018年11月2日(金)より全国東宝系にてロードショー。

北川景子(稲葉麻美役) オフィシャルコメント

秘密を抱えながら葛藤して生きる主人公・麻美の心と、映画のスリリングな世界観とマッチした素敵な楽曲でした。
アレンジが凝っていて、同じギターリフを繰り返されるところ、サビの部分を全体に裏声でいくところが今っぽくて好きです。スピード感がありスリルを煽るメロディで、歌詞も映画をかなり意識して作ってくださったのかなと思いました。とても嬉しいです。ありがとうございます。

平野隆プロデューサー オフィシャルコメント

『スマホを落としただけなのに』は、SNSミステリーという全く新しいジャンルの作品です。この作品の主題歌に相応しい、新しい音楽が無いかと探していた時、ポルカドットスティングレイのMVを目にしました。革新的で攻撃的な歌詞とサウンド、ボーカル・雫さんの凛としつつ、ミステリアスな雰囲気に一気に引き込まれました。そして、主題歌をお願いするのは、このバンドしかいないと確信しました。今回出来上がった楽曲は、SNSの逃げ場の無い砂漠に迷い込み追い詰められて行く主人公の心情を、ビビッドに表現しています。映画の大ヒットの起爆剤となってくれる、そう信じています。

ポルカドットスティングレイ 雫(Vo./Gt.) オフィシャルコメント

主題歌を担当させていただけて大変光栄です。この楽曲は、主人公の麻美が 顔も名前も知らない殺人鬼にじわじわ追い詰められていく様子を描いたものです。麻美を追い詰める得体の知れない恐怖や焦りを、歌詞でもメロディでもサウンドでも余すことなく表現できたのではないかなと思います。映画を見てから聴くと「あれのことか!」と気付く細かい表現もいくつも入っていますので、ぜひ映画館で、映画のエンドロールにて聴いてみてくださいね。

ストーリー概要

彼氏の富田(田中圭)に電話を掛けた麻美(北川景子)は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失った。たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの男からのネットストーキング。落としたスマホから個人情報が流出したのか? ネットセキュリティ会社に勤める浦野(成田凌)に、スマホの安全対策を設定してもらい安心していた麻美だったが、その晩、何者かにアカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまう。「違う! それ私じゃない! 私、何もやっていない!」時を同じくして、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、事件を担当する刑事・加賀谷(千葉雄大)は、犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていたことに気が付く。スマホを拾ったのは誰だったのか。連続殺人事件の真犯人はいったい誰なのか。そして明らかになる“奪われた麻美の秘密”とは?
ただ、スマホを落としただけなのに……。

関連記事

北川景子×中田秀夫監督が初タッグ!SNSミステリー『スマホを落としただけなのに』映画化決定

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com