東京ディズニーシー、2018年の「ディズニー・イースター」情報解禁!

©Disney

東京ディズニーシーでは、2018年3月27日(火)から6月6日(水)までの72日間、東京ディズニーシーならではの華やかでファッショナブルな、春らしいスペシャルイベント「ディズニー・イースター」を開催する。

このニュースのポイント

・2018年3月27日(火)から6月6日(水)までの72日間、「ディズ ニー・イースター」を開催

・メディテレーニアンハーバーでは4つのテーマポートから集まったアーティストによるショーも

・色鮮やかなイースターエッグやファッションを テーマにしたデコレーションが施される

他のニュース記事を読む

さまざまなイースターエッグや美しい花々で彩られるパークでは、“イースターバニーボンネット”(ウサギの耳をモチーフにした素敵な飾りがついた帽子)で着飾ったディズニーの仲間たちが、東京ディズニーシーならではのファッショナブルなイースターを繰り広げる。

メディテレーニアンハーバーでは、カラフルで華やかなコスチュームを身にまとったディズニーの仲間たちと、アメリカンウォーターフロントやロストリバーデルタなどの4つのテーマポートから集まったイースターファッションに身を包んだアーティストたちによる、春の祝祭「ファッショナブル・イースター」を公演。ショーでは、4月15日からスタートする「東京ディズニーリゾート®35周年“Happiest Celebration!”」のテーマソングが使用され、ひと足早く東京ディズニーリゾートの35周年を感じることができる。

また、メディテレーニアンハーバーやアメリカンウォーターフロントを中心に、色鮮やかなイースターエッグやファッションをテーマにしたデコレーションが施され、おしゃれで華やかなイースターを盛り上げる。デコレーションにも35周年のロゴが施されるなど、より華やかな「ディズニー・イースター」が楽しめるようになっている。ほかにも、「ディズニー・イースター」ならではの楽しみ方の一つであるエッグハントプログラムを「エッグハント・イン・東京ディズニーシー」(有料)として東京ディズニーシーで初めて実施する。

このほか、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ®や、ディズニーリゾートラインでも「ディズニー・イースター」に連動したプログラムを開催。

エンターテイメント・プログラム「ファッショナブル・イースター」

©Disney

公演場所:メディテレーニアンハーバー
公演時間:約25分(1日2~3回)
出演者数:約115人
船の数:5隻

東京ディズニーシーの4つのテーマポートから集まった、個性あふれるファッションに身を包んだアーティストたちと、ディズニーの仲間たちによるおしゃれに着飾る春の祝祭「ファッショナブル・イースター」を開催。

ファッションの祭典の始まりを告げる音楽が華やかに流れると、ミッキーマウスとミニーマウスを乗せた船が登場し、開幕を宣言する。それに続きアメリカンウォーターフロント、ロストリバーデルタ、マーメイドラグーン、ミステリアスアイランドの各テーマポートを代表する鮮やかなイースターファッションに身を包んだアーティストとディズニーの仲間たちが船に乗ってメディ レーニアンハーバーに集まり、それぞれのファッションを披露。

お互いの個性あふれるファッションを讃えあっているアーティストの様子に喜んだミッキーマウスたちは、お互いのファッションテーマを交換し、異なるテーマの新しいコスチュームに着替えて登場。大空にカイトが舞う中、みんなでより一層華やかにイースターをお祝いする。

フィナーレでは、「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」のテーマソングや イースターの曲にのせてパイロが打ち上がり、イースターの祝祭は盛大にクライマックスを迎える。

アトモスフィア・エンターテイメント

ウォーターフロントパークでは、「東京ディズニーシー・マリタイムバンド」がイースターバニーボンネットを身につけ、春らしい色鮮やかなコスチュームで登場するほか、アメリカンウォーターフロントでは「ファン・カストーディアル」も楽しいパフォーマンスで「ディズニー・イースター」を盛り上げる。

※各エンターテイメント・プログラムは、公演回数が変更になる場合や、天候等の状況により内容が変更または中止になる場合があります。

スペシャルグッズ

©Disney

メインショー「ファッショナブル・イースター」の舞台に立つファッションモデルとなったディズニーの仲間たちの、華やかでおしゃれな様子がデザインされたスペシャルグッズが約80種類登場する。

実際にパークで身につけて楽しむことができるウサギの耳をモチーフとした“うさみみ”カチューシャが今年も登場。ホワイト、ピンク、イエロー、グレーのうさみみカチューシャには、今年新しくなった「ファッショナブル・イースター」のコスチュームと連動したミッキーマウスの帽子や、東京ディズニーリゾート35周年限定バージョンなど8種類のパッチン(別売り)から好きなものを選んでつけることもでき、自分好みにカスタマイズしたうさみみカチューシャを身につけて、「ディズニー・イースター」をかわいくおしゃれに楽しめる。

このほか、「ファッショナブル・イースター」のコスチュームに加え、東京ディズニーリゾート35周年のキャラクターコスチュームと連動したタマゴアートの文具や食品、テーブルウェアなども販売される。

※スペシャルグッズは3月20日(火)から先行販売します。
※スペシャルグッズは販売数に限りがあるため、売り切れとなる場合があります。

スペシャルメニュー

©Disney

「ディズニー・イースター」の楽しさをお食事でも味わえるカラフルでかわいいスペシャルメニューが登場。「カフェ・ポルトフィーノ」では、華やかなカルボナーラのパスタセットを、「ニューヨーク・デリ」ではピンクのバンズにエビとタラモサラダを挟んだメニューなど春らしい色合いのメニューを提供する。

また、「バーナクル・ビルズ」では色鮮やかなカクテルを、「セバスチャンのカリプソキッチン」と「トロピック・アルズ」ではミスバニーととんすけのかわいいカップに入ったスペシャルドリンクを販売。

※スペシャルメニューは3月20日(火)から先行販売します。

体験プログラム「エッグハント・イン・東京ディズニーシー」

©Disney

これまで、東京ディズニーランドで実施していたタマゴを探すエッグハントプログラムを、今年は「エッグハント・イン・東京ディズニーシー」として東京ディズニーシーで初開催する(有料/1 回900 円)。

専用マップに書かれたヒントをもとに、パークのさまざまな場所に隠れた、キャラクターや各テーマポートの世界観を表現したタマゴを探してパークを周遊する体験プログラムとなっている。見事にタマゴを見つけ出したゲストには、ゴールでエッグハント限定うさみみパッチンがプレゼントされる。

デコレーション

©Disney

メディテレーニアンハーバーとアメリカンウォーターフロントを中心に、イースターバニーボンネットやイースターエッグ、色とりどりの花々をモチーフにした春らしいデコレーションや、イースターの華やかなファッションをテーマにしたポスターなどが飾られる。

ウォーターフロントパークには、今年は新たにファッションショーのランウェイをイメージした華やかなフォトロケーションが登場。このフォトロケーションでは、ミッキーマウスとミニーマウスがショーで身につけるイースターバニーボンネットをイメージしたフォトアイテムをカメラマンキャストより貸し出し。イースターファッションで着飾ったディズニーの仲間たちのように、イースターファッションを楽しめるようになっている。

©Disney

また、各テーマポートの世界観を表現したイースターエッグやカラフルな花々などで飾られた車やバスケットなどが設置。

※フォトアイテムの貸し出しは、時間帯、悪天候および混雑状況によっては実施しない場合があります。

ディズニーホテル

「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」のレストラン&ラウンジでも「ディズニー・イースター」を満喫できる。イースターバニーボンネットやタマゴ、そして花をイメージした彩り豊かな春の食材やメニューが堪能できる。

※スペシャルメニューは3月20日(火)から先行販売します。

ディズニーリゾートライン

ディズニーリゾートラインでも、イベントに連動した期間限定デザインフリーきっぷを販売する。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com