『天才作家の妻 -40年目の真実-』2019年1月に公開!ノーベル賞のスキャンダル描く特報解禁

(c)META FILM LONDON LIMITED 2017

世界的な作家を慎ましく支える完璧な妻をグレン・クローズが演じ、夫婦の絆や人生の意味を問うドラマ『The Wife』(原題)が『天才作家の妻 -40年目の真実-』の邦題で、2019年1月26日(土)より公開されることが決定。あわせて特報とポスタービジュアルが完成した。

偉大なる世界的な作家と、彼の創作を慎ましく支えてきた完璧な妻。誰の目にも理想的なおしどり夫婦に見える二人の関係は、夫がノーベル文学賞を受賞したことをきっかけに揺らめき、静かに壊れ始める。毎年、スウェーデンのストックホルムで華やかに行われるノーベル賞授賞式を背景に、人生の晩年に差しかかった夫婦の危機を見つめる本作は、男女間の機微をリアルかつ残酷にあぶり出す心理サスペンス。夫婦が隠し続けてきた、重大な“秘密”とは何なのか。夫への愛と憎しみの狭間で引き裂かれた妻は、世界中の注目が集まる授賞式でいかなる“決断”を下すのか。

ハリウッドの実力派キャストが集結し、夫婦の絆や人生の意味を問う深遠なドラマを体現。アカデミー賞®に6度ノミネートの実績を誇る大女優グレン・クローズの繊細にして凄みに満ちた演技には、すでに本年度オスカー最有力との声も高まっている。

解禁された特報では、夫である世界的作家のジョゼフ(ジョナサン・プライス)がノーベル賞の受賞を伝える電話をとる場面から始まる。受賞をともに喜ぶ作家と妻。しかし、彼の傑作には“ある疑惑”があった。ジョゼフの経歴に疑惑を持つ記者ナサニエル(クリスチャン・スレーター)に「書いているのはあなたでは?」と疑惑の目を向けられ、動揺を隠せない妻ジョーン(グレン・クローズ)。華やかなノーベル賞授賞式の裏側で明かされる“愛”と“嘘”。授賞式のスポットライトを浴びる夫を、客席でじっと見つめる妻。そしてラストの「本当のことを知りたい?」というジョーンの意味ありげな問いかけに、ドキリとさせられる特報に仕上がっている。ポスタービジュアルでは、ジョゼフの一歩後ろに立つジョーンの表情が印象的な、本作での夫婦の絆がどのように描かれるのかを期待させるデザインとなっている。

なお本作は、アメリカでは2018年8月17日に公開され、4館という小規模公開ながら、スクリーンアベレージは2.7万ドル(約300万円)と、大規模作品を抑えて全米No.1を記録。さらに翌週にはワシントンDC、シカゴ、サンフランシスコ、フェニックス、3週目には10都市程度まで公開規模を拡大している。9月28日にはイギリスでも公開される予定。

映画『天才作家の妻 -40年目の真実-』は、2019年1月26日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。

ストーリー概要

現代文学の巨匠ジョゼフ(ジョナサン・プライス)と妻ジョーン(グレン・クローズ)のもとに、ノーベル文学賞受賞の吉報が届く。ふたりは息子を伴い授賞式が行われるストックホルムを訪れるが、ジョゼフの経歴に疑惑を持つ記者ナサニエル(クリスチャン・スレーター)から夫婦の“秘密”について問われたジョーンは動揺を隠せない。実は若い頃から豊かな文才に恵まれていたジョーンだったが、あることがきっかけで作家になる夢を諦めた過去があった。そしてジョゼフとの結婚後、ジョーンは彼の“影”として、世界的な作家の成功を支えてきたのだ。
ずっと心の奥底に押しとどめていたジョゼフへの不満や怒りがジョーンの中でわき起こり、長年共に歩んできた夫婦の関係は崩壊へと向かう。そして授賞式当日、彼女はこれまで通り慎ましく完璧な“天才作家の妻”を装うのか。それとも本当の人生を取り戻すために、衝撃的な“真実”を世に知らしめるのか……。

関連記事

第88回アカデミー賞最大のハイライトとだいぶ早い第89回アカデミー賞の展望
アカデミー賞特集 主演女優賞編:今年のノミネートは“4人”??
アカデミー賞受賞作品、コレを観れば間違いなし!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com