世界“初”解禁!マイケル・ベイ絶賛で、日本版が世界へ

実写映画化10周年を迎えるシリーズ最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』の日本版予告が解禁となった。本映像はマイケル・ベイ監督が大絶賛し、“全世界版”としても使用される映像で、世界に先駆けて、いち早く日本での解禁となる。

『トランスフォーマー/最後の騎士王』日本版予告

トランスフォーマー/最後の騎士王 仮メイン

“人類”と“トランスフォーマーたち”は戦い、オプティマス・プライムは消息を絶った。未来を救う鍵は過去の秘密―地球史から隠し続けられてきたトランスフォーマーの秘密―に隠されていた。そして、地球を救うために予想外のチームが組まれる。発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、オプティマス無き後にオートボットのリーダーとなったバンブルビー、英国貴族の謎めいた老人(アンソニー・ホプキンス)、そして、オクスフォード大学の女教授(ローラ・ハドック)。誰もが一度は変化を起こす為に立ち上がらなければいけない時がある――

トランスフォーマー/最後の騎士王 サブ04

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は、累計興行収入が約3800億円を記録する「トランスフォーマー」シリーズ最新作。実写映画化より10年を迎える2017年、過去シリーズの謎が解明され、地球史を覆す歴史ミステリーが描かれる。

主演を務めるのは、前作に引き続きマーク・ウォールバーグ。そのほか、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチという従来キャストに加え、ローラ・ハドック、アンソニー・ホプキンスが新キャストとして出演する。メガホンを取るのは、マイケル・ベイ監督。

トランスフォーマー/最後の騎士王 予告映像 ネタバレ

このたび解禁となった日本版予告は、もともと日本国内向けとして制作されたのだが、映像を観たマイケル・ベイ監督が「この予告は凄い!早く全世界の人々に見てもらうべきだ!」と大絶賛し、全世界版としても使用されることとなったもの。

ナチスの旗が掲げられた建物に近づく1台の車がトランスフォーミングしリボルバーをぶっ放すという、歴史の闇に葬られていたのであろう戦闘シーンからはじまる本映像は、後半にはトランスフォーマー同士の戦いが想像を遥かに超える規模で繰り広げられ「我々の星を救うため全ての人間を滅ぼす」と恐怖の宣言とともに地球に帰還したダーク・オプティマスが、ケイドの制止も聞かずバンブルビーと壮絶な死闘を展開。さらに、ウィングを広げ空中で軽々とした身のこなしを見せるトランスフォーマーや、三つ首に変形するダイナボットまでもが登場する。

「本当にこれが最後になってしまうかもしれない……その想いから思い切りやり遂げました。最終章であり、新たな始まりです」と語るマイケル・ベイ監督の本気度が垣間見える、圧巻の映像に仕上がっている。

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は、2017年8月4日(金)より全国公開。

(C)2016 Industrial Light&Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved

関連記事

トランスフォーマー、日本の歴史との深い関係
『トランスフォーマー/最後の騎士王』予告映像
マイケル・ベイ監督コメントもあり!『トランスフォーマー/最後の騎士王』予新映像
今ドキ高校生がヒーローに『パワーレンジャー』新予告
本予告解禁!爆弾テロ事件の実話を描く―映画『パトリオット・デイ』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事