『やっぱり契約破棄していいですか!?』予告映像&ビジュアル|<究極の追いかけっこ>スタート!

【予告映像・ビジュアル】
『やっぱり契約破棄していいですか!?』

8月30日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

小説家志望の青年と落ちぶれた殺し屋の“人生を懸けた一週間”を巡る追走劇を描いた映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』より、予告映像とビジュアルが解禁された。

予告映像は、真っ暗な橋の上で、「生きる意味とは?」「生きる価値とは?」と深刻な様子の青年ウィリアムが橋から飛び降りようとすると、「死ぬのかね?」と老人のレスリーが話しかけるシーンから始まる。幾度も自殺を試みては失敗を繰り返す“死にたい小説家”が出会ったのは、運命的にも、引退を迫られる“クビ寸前の殺し屋”だった。浮かない顔で「殺してくれるの?」と問うウィリアムに、「期限は一週間。死ななきゃ返金する。」と不敵な笑みを浮かべるレスリー。こうして二人の契約は成立となり、これで無事人生が終わる!はずだった…。

しかし、一本の電話によって、ウィリアムの運命は180度逆転することになる!電話をかけてきたのは、ウィリアムの小説を出版したいという編集者エリー。「一緒に本を作らない?」という一言で、あんなに死にたがっていたウィリアムがまさかの、「やり残したことができたんで、契約を取り消したい」とレスリーに伝える。その提案に、クビ寸前のレスリーはたちまち「くたばれ!(Fuck you!)」と銃を向ける。銃声と共に、お互いの人生をかけた<究極の追いかけっこ>がスタート!

逃げるウィリアムと追うレスリー。疾走感と爽快感が溢れる二人の追いかけっこはハプニング続出! ダメダメと手ぶりをするウィリアムを、銃を構えながらスコープで覗くレスリーは「いい死を(Have a good death.)」と決め台詞をはきながら仕留めようとするが、失敗!さらにウィリアムとエリーは、一緒に逃げるうちに急接近の予感…!?期限は一週間、果たして契約は成立するのか、それとも契約破棄となるのか!?二人の結末も本作の見どころとなっている。驚きの結末を是非劇場で目撃してほしい。

ストーリー

小説家志望の青年ウィリアムは、真っ暗な橋の上で人生に別れを告げ、落ちる覚悟を決めた。その瞬間、年老いた男が声をかける。自分が必要になった時連絡するようにと名刺を差し出された。ウィリアムは仕方なく受け取ったが、その助けは要らないと橋から落ちていった。一方レスリーは、英国暗殺者組合の会員として誇らしいキャリアを持っているが、今や暗殺件数のノルマを達成できずクビ寸前。自殺スポットに出向いては自殺志願者と契約し、引退を先延ばしにする日々を送っている。翌日、運悪く生き延びてしまい絶望するウィリアムは、昨晩受け取った名刺を思い出す。名刺に書かれた番号へ電話し、契約を交わす。その内容は「ターゲットを一週間以内に殺すことができなければ返金する」というものだった。ウィリアムは自らをターゲットに設定し、レスリーに暗殺の依頼をしたのだった。契約成立後、ウィリアムは出版社のエリーから電話を受ける。なんと、自分の書いた小説を出版したいというのだ。ウィリアムとエリーは出版に向けて話合うが、二人は急速に惹かれあい、ウィリアムに生きる希望が湧いてしまう…「やっぱり契約破棄していいですか!?」―ウィリアムとレスリーの人生を懸けた一週間が、今始まる!

公開情報

『やっぱり契約破棄していいですか!?』
8月30日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
監督・脚本:トム・エドモンズ ※長編初監督 編集:タリク・アンウォー『アメリカン・ビューティー』『英国王のスピーチ』
出演:トム・ウィルキンソン『スノーデン』『グランド・ブタペスト・ホテル』、アナイリン・バーナード『ダンケルク』、フレイア・メイヴァー『モダン・ライフ・イズ・ラビッシュ』、マリオン・ベイリー『ターナー、光に愛をこめて』
2018年/イギリス/カラー/デジタル/英語/90分/ビスタ/原題:DEAD IN A WEEK(OR YOUR MONEY BACK)/日本語字幕:種市譲二/G
©2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
配給:ショウゲート 宣伝:スキップ
◆公式サイト:yappari-movie.jp
◆Twitter:@showgate_youga
◆Facebook:@showgate.youga #やっぱりハキ

他の記事も読む

関連記事

『スノーデン』は反骨のオリヴァー・ストーン監督、渾身の大復活作

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com