斎藤工監督、長編デビュー作『blank13』ゆうばり国際で上映決定

俳優・斎藤工が長編初監督に挑む映画『blank13』が「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」で上映される。

齊藤工、長編映画初監督作『blank13』ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017にて上映決定!

blank13 メイン

兄からの突然の電話に戸惑う主人公のコウジ(高橋一生)。その父親(リリー・フランキー)は13年前に「タバコを買ってくる」と言ったきり家に帰って来なかった人だった。さらにコウジを戸惑わせたのは、数日後に兄から告げられた「どうやら親父はガンで、あと3カ月の命らしい」という事実。ギャンブル好きで借金を残したまま家に帰って来なかった父親。母と兄は「恨みしかない」と言うが、コウジには「キャッチボールをしてくれた」という優しい父親としての記憶もあった。果たして親父は13年間なにをしていたのか?そして現在も、母と兄の記憶の通りろくでもない人間のままなのか?それともコウジの記憶にある優しい父親なのか――

blank13 齊藤工

映画『blank13』は、俳優、斎藤工が「齊藤工」名義で長編作品監督デビューを果たす作品。13年前に失踪した父をめぐる家族の姿を実話を基に描く。2017年冬に映像配信サービス・ひかりTVで4KおよびHD作品として配信されるほか、劇場上映やビデオ販売などの展開も検討している。

主人公のコウジを演じるのは『シン・ゴジラ』「民王」の高橋一生、その父親を『そして父になる』のリリー・フランキーが演じる。コウジの彼女を『ちはやふる』の松岡茉優、母親を『日本のいちばん長い日』の神野三鈴が演じるほか、斎藤工監督自身も俳優として出演する。

本作は、2017年3月2日(木)から開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」にて上映されることも決定した。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 ポスター

齊藤工監督は本作について「あんまんだと思って食べたらピザまんだった。と思ったらやっぱり段々とあんまんになっていった。変な例えですが、そんなジャンルレスな作品に仕上がりそうです。もちろん良い意味で」とコメントを寄せている。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」では、本作のほか、EXILE HIROが初プロデュースした時代劇『たたら侍』、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』、國村隼の怪演で話題スリラー『哭声/コクソン』などがラインナップされている。

(C)2017「blank13」製作委員会

関連記事

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 公式サイト
映画『3月のライオン』高橋一生ら、第3弾追加キャスト発表!
【予告解禁】日本から俳優が消えた?!『シン・ゴジラ』全328名キャスト発表
広瀬すずvs松岡茉優、そしてラストへ…『ちはやふる -下の句-』場面写真到着
池松壮亮と斎藤工が「チューする」―『無伴奏』特典映像の一部を公開

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com